狂った高校生とゆるい思想

脳ミソからケツまでイった男の雑記

ゴーヤ第一号


盆もすっかり終わったってのにこの蒸し暑さ、許しません。休みの間は頭からケツまで祖父母の家に寝泊まりして10歳になるやんちゃ坊主の従兄弟のお相手をしてた。アルバイトの3倍は疲れた。
一方こちらも美味しいものをたらふく食べさせてもらったのでまるまる太ってウエストが非常にまずい。時間関係なしに基本何かしら食ってたからね、しょうがないね…旅行から帰った父からの一言目は「顔丸ッ!」でなかなかにショックだった。運動しても食事絞ってもなかなか痩せないこの身体どうにかして。


そんなこんなで数週間前ゴーヤの子供ができた。

食す寸前に撮った。第一号おめでとう。

全貌図。

後方の紅垂れ紅葉も真っ赤な新芽がチラホラ出てきて好調、去年は虫に食われまくっては染まることなく散っていったからちょっと心配。

以前顔をちょん切ったパンジー達は見事咲いて散っていき、今は何も無い。よくぞここまで生き残った。

もぎ取る。このムッチムチのおててと比較してもかなり大きい。

早速調理してゴーヤチャンプルーの出来上がり。調理したのは祖母で写真は撮らなかった(撮れなかった)。今度自分で作ってここに載せると思う。
自分が育てたからというのもあるだろうが、やはり採れたてはクッソ美味い。

採らずに放置したら真っ黄色になり、下からパックリ割れて種を落としてくれるので最後の方は数個そのままにしておく。去年は食いきれずに10個くらい真っ黄色のゴーヤがぶら下がっていたので地獄絵図になっていたが。


いただいた花、名前は分からないがパンジーのあった場所に寄せ植え。

5月中頃に買って地植えしていた白いサフィニアを鉢植えしたものが後方に映っている。
真ん中に突き刺してあるように見えるのはエリカホワイトで、伸び過ぎたのでカットしたもの。面白い咲き方をする。
去年秋頃に撮ったもの。


こちらはペチュニア

買った当初は10も咲いていないものだったが、頭を全部ちょんぎって肥料を与えたらこんなに咲く。鉢の配置が少し悪くて変な形になってしまったが。


こちらはホームセンターで買った観葉植物4種を寄せ植えしたもの。我ながらいいチョイスとバランス。

適当にスマホで撮ったんでまた別でしっかり撮って写真を差し替えます。

背の高いものも購入、底に穴が開いてないのでそのまま植えるのは根が腐ってマズいと思い一応中に別の鉢を入れてある。こういうの何て言うんだっけ、鉢カバーじゃなくて何だっけ…

あまちゃんのポスターを添えて〜



余談

それはそうと甲子園がめちゃクソ熱い。もちろん地元の坂井高校を応援してたが明豊に惜敗、初めて坂井高校のプレーを観たけど県内でダントツに好き。県民だけで構成されたメンバーとフランクな野球で見応え抜群、観ていて最高に楽しかった。投手の吉川君お疲れ様でした、地方も甲子園もほぼ彼一人で投げたのよ。カーブとスライダーとストレートのみでとことん工夫して投げ、表情ひとつ変えなかった。

その後は坂井に勝った明豊を応援、打って変わって応援に回ると打撃陣の強さが相当に伝わってくる。みんなインコース捌くの上手すぎる。
空いた時間は基本的に野球に回したがそれほど観られず、坂井-明豊、明豊-神村、三本松-二松学舎大付青森山田-東海大管生、大阪桐蔭-仙台育英の5つのみ。20日の準々決勝は全部逃した。応援していた明豊と三本松が負けてしまったので余計に悔しい。現実でもネットでも見かけるヤジ飛ばしまくりのオッサンはプロ野球へお帰りください。
特に明豊-神村はもう手汗ビッチョリで終えた。後続投手陣がどっちもイケメンで笑顔がクッソ可愛らしい。特に坂井でも抑えで出場していた溝上君。後は青森山田の9回1アウトから出場した1年生平沼君。学校ではプーさんというあだ名らしい。愛らしい顔しといて力押しのピッチング、来年再来年が楽しみ。
後は大阪桐蔭-仙台育英の9回、あれは…うん、もうドンマイとしか言い様がない。


という風にこれ以上なく楽しんでる。自分と同じ99年世代の選手がこれからプロに行くので、余計にチェックしておきたい。

田舎の宿命

今年は行きたい場所が山ほどあるがどうも叶いそうにない。
上高地(長野)

丹後半島(京都)

中禅寺湖(栃木)

青木ケ原樹海(山梨)

そして廃工場、などなど。
このラインナップから分かる通り、自然まみれ。去年と今年の上半期まではあまり自然のある場所へ行かなかったので来月以降は無為に時を過ごす楽しさを味わいに行こうと思う。

特に廃工場はどうしても行きたくて行きたくてしょうがない。何年か前に友人から廃工場の写真集をおすすめされて、ページを幾らか見せてもらったのだが一目惚れ。早く県立図書館に借りに行かないかん。
やはり廃れた建造物って直感的に好きなのよねえ。歴史がどうとかよりも先に体で感じるものがある。


これらの場所に行けない理由があるとすればそれは予算の問題以外に何もなくて、もし企画倒れした場合は県内観光へシフトする。この福井という田舎にもいい所は決定的にあって、それが自然と食い物。魚も港近くまで行くと何食っても美味い。蕎麦も名店がいくつか。

その県内旅行の候補として平泉寺(勝山)

平家平(大野)

がある。平泉寺は習い事の囲碁をサボっていた時に先生に連れて行ってもらったのが最初で、もう苔が綺麗なのなんの。10年以上前の話だってのに未だに鮮明に焼き付けられているもんで再び訪れたい。
平家平は人の手が入っていないブナ林で、上の写真を見れば分かるがクッソ綺麗なので金のあるなしに関わらず飛んでいきたい。


福井と言えば恐竜博物館と永平寺だが、嫌という程行ってるのでもう結構です。恐竜博物館は世界有数の凄い博物館らしい(他人事)。
他は東尋坊、ダイヤ浜海水浴場。一乗谷朝倉氏遺跡、これはイベントのある時に行きたい。
海水浴場は嶺南の方がいい、特にダイヤ浜海水浴場はかなり綺麗みたい。自分は嶺北にある三国サンセットビーチに行くのだが、綺麗ではない。しかし三国の古い町並みと港は見応えあると思う。東尋坊はスリル満点で風も気持ちいい。
今は夏休みだから人も割と居るけど普段は駅前なんてガッラガラもいいところ、流行らせようと県が新しい建物バンバン建ててるものの、10年前に建ったクソでかい建物、その名もアオッサ …にはもう殆どテナント入ってない。去年できたハピリンとかいうのはどうなることやら。
しかし商店街等の古い建物と新しい建物は意外にマッチしてて結構面白いかもしれない。




実は今金沢から ショッピングの帰りなんだが、行く度思うのやっぱり石川県って凄えよ…とてもお隣のお国とは思えないくらい栄えてるよ…どこで差がついたんだ…
金沢発福井終点の待ちで濃い化粧と胸フリルの半袖と膝丈のスカート履いてる女子高生っぽいの見た時決定的な差を感じた。すっげこれが田舎者かッッッ!!
金沢の女の子はみんなストレートにシンプル、それなのに気品たっぷり。デニム生地のワイドなショートパンツとかこっちの子絶対履かないだろ。周回遅れの流行り物よりヒールにワンピースの方が可愛らしくて良いと思う。(個人差があります)

そんな事言っておいて自分も負けじと激ダサのマジダサなので片町で服を買ってきた、脳死で店員に俺の体型に合うものをと3着完全に任せた。やはり(センスが)ヤバい。


実は本命は服ではなくアニメグッズであり、イデオンのプラモとか売ってるいかにも穴場のお気に入りの店があるのでそこで物色してから片町へ行きついでで服買った。
前からケロケロエース付属の結構古いフィギュアに目を付けていたのだが予算オーバーで断念、おねティーのポスターとケロロのパズル買って終了。タイトルすら知らないアニメのグッズがたんまり置いてあって自分はまだまだと自然に感じさせてくれるあの場所がかなり好き。


服買った近くにらしんばんとアニメイトもあったので適当に見に行った。ここではルパンと松嶋みちるちゃんのクリアファイル買って終了。ここまでの合計1,500円也。服は8千円しました…(小声)隣にメイド喫茶あったけど流石に1人で入る度胸は持ち合わせていなかった。福井にもメイド喫茶あったらなぁ…って実は最近駅前にできたんすよ。今度行ってみる。メイド喫茶っておさわり出来る…訳ないんだよね。ケツ触らないように気を付けます。



旅行の写真が溜まりに溜まっているのでそのうちまとめて記事作りたい。

映画三昧


夏と言えば、ホラー映画…なんだけど怖いからまだ手を付けてない。マインクラフトの洞窟ですら冗談抜きで怖いから相当なもんだろう。俺の限界はゴーストバスターズまでだ。

ホラー映画初心者ということでとりあえず有名どころから、
「SAW」

エスター」

羊たちの沈黙

の3つで。ただ怖いだけのホラー映画は心肺停止する恐れがあるのでこのラインナップ。



もちろんホラーばかり観ると心が冒されるので他のジャンルもこの機会に網羅したい。
SFもアニメなら相性抜群で好んで観てるんだけど映画は本当に有名どころしか知らなくて、それ以外なら「ジャンパー」「NEXT」くらい。どちらも面白かった覚えはないが…「ゼロ・グラビティ」も劇場に足を運んだものの、当時は全く面白さを理解できなかったというか公開終了後に、あの作品は映像美を楽しむものだと知って頭抱えた。

もっかい大画面で観さしてくれや。



コメディも好物。金曜ロードショーとかでよく「メン・イン・ブラック」とか「ホーム・アローン」とか「ナイトミュージアム」やってたもんね、小学校で盛り上がったのなんの。ベン・スティラーはもちろんここから知った。
中でも一番好きなのが「LIFE!」

原題のThe Secret Life of Walter Mitty のWalter Mittyの部分は主人公の名前となっている。

そしてアッアッアッと某大物youtuberもリスペクトするジム・キャリーの主演作も気になっている。
ブルース・オールマイティー」「イエスマン」の2つは観たことある、どちらも面白かった。「トゥルーマン・ショー」「ライアーライアー」「マジェスティック」の3つを観ようと思うんだけど、特に「トゥルーマン・ショー」は楽しみでしょうがない。

でもクソ暑いからレンタルへ向かうのは夜。

「ラットレース」のようなコテコテのコメディも良いんだけど、時代の経済事情や風刺を色濃く描きながらも、コメディとして演出された「摩天楼(ニューヨーク)は薔薇色に」が自分にはストライクだった。



結局何が一番楽しいかって、コメディー色のあるアクション…要するにエディ・マーフィが銃撃ってるのが好きなのよ。
アクションはやはり一番観た数の多いジャンルではあるけど、シリーズ物はどれもちっこい頃に観たもんだからあんまり覚えてない。「TAXI」「ワイルド・スピード」「ダイ・ハード」「007」とか一部覚えてても順番めちゃくちゃな上にシリーズすら違ったりするからもっかい観なきゃ。「ボーン」と「トランスポーター」は最近また観たので問題ない。ボーン最新作は無難に面白かったっす。
「ミッション・インポッシブル」は2のタンディ・ニュートンがエロかったのを覚えてる。風呂のシーンを隠れて何度も観てました。あっローグ・ネイション、良かったよ…
huluでジェイソン・ステイサム特集やってる。




そして今物凄く興味があるのが、ロリータ映画。別にロリコンという訳じゃないんだけど ロリコンって訳じゃないんだけど(念押し) 友人の紹介で手にした短編集「My Humanity」の「allo,toi,toi」に感化されて、小児性愛をテーマにした作品に非常に興味を持った訳で。ただ小児性愛というテーマで男にフォーカスしている作品を探してもなかなか見つからなくて、今のところの視聴予定は「ロリータ」「思春の森」「カラスの飼育」で、もはや小児性愛とか関係なくロリ映画漁ってるみたいでやはりヤバい。「エコール」「ビリティス」「ヴィオレッタ」とかも面白そう。しかしこれらを一気にレンタルするとなると確実に親父にドン引きされるので難しいところ。
ヴィオレッタ」美しい。

日本用のポスターも惹かれるけど右下のお母さんがクッソ浮いてる。


ホラー映画の合間にブッ込んで精神を安定させながら楽しもうと思う。



余談

やはり好きな映画といえば、どちらも2時間を超える作品となるが「グッド・ウィル・ハンティング」

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン

は何度観ても面白い。前者はマット・デイモンのデビュー作、後者は20代ディカプリオの主演作。このお2人は最近だと宇宙飛行士になってたりフリントロック銃片手に走り回ってたりするが、若さを感じさせるこの2作は絶対に勧めたい。「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」はコンセプトのひとつに嘘というものがあるが、詳細は控えるが視点としては逆の意味ではセットで観ると楽しめる「ユージュアル・サスペクツ」も推しておこう。やはり知ってる俳優の若い頃の作品は観てて楽しい。イケメンだし。


やっぱりねえ、トム・クルーズ、好きなんだよねえ。歳を取ってもあの美貌、ヤバいでしょ。(ボキャ貧)しかも性格までイケメンとか半端ねえよ、戸田さん羨ましい。
トム・クルーズと言えば「トップガン」、サントラも持ってる。でも何が好きと言われればまずは「コラテラル」終盤まで完璧に表現された対比が最高に美しい。悪役トム・クルーズも見物。
次に「マイノリティー・リポート」ぶっきらぼうで危機感のない人々を違和感なく演出しててその全体的な雰囲気が好き。最後に「レインマン」もうダスティン・ホフマントム・クルーズも鬼気迫る演技で腰抜かした。一度観れば絶対忘れないと思う。特に気に入っているのが「コラテラル」なのだが何故評価が低いのか…

食ってきた


肉!肉!肉!この殺伐としたクソ田舎にいきなりステーキが堂々オープン!最近二郎系も増えてきてこれもう福井から出なくていいんじゃない?田舎最高、フォーエバー田舎。
とにかく興奮してて珍しく早起き、腹の空く様子を楽しみながら開店に向かいチャリで12,3分。
5分前に着くと既に40人程並んでておったまげたがギリギリ席に座れた。もうオープンから1週間経ってるというのにこの盛況っぷりは、ここの地価が年々高くなってゆくものに拍車をかけると確信した。駅前より流行れ。

メニューはもちろんCABワイルドステーキ450gご飯大盛り。

あんまり食事中に写真撮るのは好きじゃないからサッと撮る。そのため芸術もクソもない絵面になった、量が少なく見えるのは3切れくらい食ったから。
まずは鉄板で焼かずにそのままいただく。もうね、肉だわ。半端じゃねえ(ミュ) 切ってあるのがちょっとアレだが、まあランチやししょうがない。もちろん焼いてから切って出てきたのでそこは安心した。つまり肉塊をバッサリ切って量ってから出してくれるから、頼んだgに比例して分厚い。
ソースが予めテーブルに置いてあり、これをかけるらしい。しかし肉に塩胡椒がしっかり振ってあり、かける必要性は特に感じられなかった。テーブルに置いてあるということで冷めているだろうと鉄板を冷やしたくなかったので余計にかけなかった。ステーキは鉄板が冷める前に食べ切るのがベスト。モモウモウ腹一杯ですよ。胃の中までコッテコテにしてやった、後悔はない。
もちろんディナータイムにお邪魔してバリエーションを愉しむのもいいが、そんな金は持ち合わせてないので今後もランチで。おひとり様だよクソが!!誰か一緒に行きませんか、行きましょうよ。

席に貼ってあって知ったのだが、肉マイレージとやらがあって、今までに食った合計のg数で会員のランクが分けてあり、それぞれに特典が存在する。
3000g以上でゴールドカード。

2kg以上でプラチナカード。

10kg以上でダイヤモンドカード。

もちろんカードを発行した。現在は最低ランクのメンバーズカード。来年の誕生月までにゴールドに昇格させたいところ。

アプリで確認ができる。

写真じゃ物足りなく見えるだろうが、実際は食いごたえ抜群、次回以降は200gで。食い終わってから1時間と半分くらい経っているが、あの一口目の歯の感触は忘れられない、味も満足。



余談

さてアニメも3~4話と一区切りつきそうで、そろそろ視聴継続作品を決めないといけないところ。結果「アクションヒロイン チアフルーツ」「RWBY」「魔法陣グルグル」「アホガール」の4つに決定。

特に魔法陣グルグルはクオリティが高く毎週楽しみにしている。キャラデザも素晴らしいと思う。昔やってた漫画が原作で3度目のアニメ化だとかなんとか。

久しぶりに観ようと思ったギャグアニメであるアホガールはコメント付で。現実的な作風でデザイン、ノリも近代的なのでいきなり回転式ドロップキックとか出てきた時は流石に吹いた。
最初op歌ってるのangelaだと気付かなかったよ…初期の頃のアルバムにはかわいい感じの曲が詰まってるけどまさか今バ ナ ナ は 夜 食 なんて歌うと思ってなかった、不覚。
アニメもそうだけど最近映画も暇さえあればガッツリ観てるのでまた色々別記事で。

あ つ い


暑い暑い暑い暑い、あーついあっついあついあついアツッアツゥイ!アツゥイ!アツゥイ!アツゥイハッ…ハッ…アッー!アーツィ!アーツ!アーツェ!アツゥイ! ヒュゥー、アッツ!アツウィー、アツーウィ!アツー、アツーェ! すいませへぇぇ~ん!アッアッアッ、アツ!アツェ!アッー、熱いっす!熱いっす!ーアッ! 熱いっす!熱いっす!アツェ!アツイ!アツイ!アツイ!アツイ!アー・・・アツイ!


暑い。夏と言えば祭りだが、人生初、毎年恒例町内の夏祭りに行かなかった。行くといっても顔を出す程度で、昔馴染みに会うために行っていたのだが、年々会える回数は減るばかりだった。そして今年、以前のように友人を誘ったところ、見事に全員に断られた。だってそうだよね、もう高校3年生だもん…暇なの俺くらいだもん…
冗談抜きで勉強や就活の準備に励んでいて、最近はもっぱら遊んでくれなくなったのも仕方ないとは思っていたものの、ついに今年行かないと決定した瞬間は悲しいものであった。本来は自分も危機感を持たなければいけない事案である。6月に更新があって2つやっていたバイトをスッパリ辞めてしまった。理由は「就活に勤しみたいから」である、うっそ〜ん、嘘つきーお前。
そしてなにもやってないと何かがブッ壊れそうなので再びバイトの募集に手を差し伸べるのであった。正直前のバイトは週6早朝4時半起きで昼から荷物運びと割としんどかった。よく1年持ったわと賞賛したいところだが実際は10時切り上げのところを8~9時にノルマ終わらせて速攻帰って寝るという効率もクソもないやり方で頭悪かったと思う。ノルマさえ終われば残り時間は休み時間も同然、何もしなくても金が入るという素晴らしい職場だったのだが昼から押し寄せる重労働に万全に挑む為にスタコラサッサと帰る始末だった。昼からは4時間程度汗をかくだけなので夜寝る暇が無いとかそういう訳ではない。では何故午前中に睡眠と取るかというと、結論からして馬鹿だからである。夜寝れない。だってほら、アニメとか観るから…
昔からずっっっっっっとそうだった、中学生になってiPod touchを与えられてから、部活でアホみたいに疲れて帰ってきて風呂入って飯食って寝るだけ(宿題は知らん)なのに動画を見る。ブルーライトの輝きを目にしたらすぐに寝れる筈もなく、1時2時と持ち込んで数時間後起床すれば遅刻ギリギリ(半分は遅刻)、授業中は基本寝てた。
目覚めが悪い事は死にそうなくらい不快なのを知っているのに3年間それを貫き通した。それが今の結果だ。もちろん早く寝なきゃ損するのは分かっていたが、毎日毎日あ、今日も遅くなった明日は早く寝ようと思うだけで、結局それを3年間続けてきた。引き伸ばしてきたと言った方がいいか。
これを思い出す度ほんと笑ってしまう、しかし昔の自分の気持ちが分からないとかいう問題ではなく実際先月までもそういった生活だった。言葉で説明するのは難しいが要するにアホなのだ。

まあそんなこんなで明日面接、これからこのクソ暑い中チャリで通勤すると思うと気分が乗らないが、それも家の中でダラダラしてるよりはよっぽどマシ。長いことやってる解体のバイト…のようなものはまだ続けていて、しかしガッツリ収入にしようと思うと話がまた別になるので現状維持。持ちつ持たれつ、節度ある関係がベスト。



余談

25日だったか、新聞に挟まれたビラをいつものように処理していたらどうだ、「いきなりステーキ グランドオープン!」の文字が目に入り、うっひょマジか行きてえなあと言いながらも未だに行けてない。一応3日後に行く予定、めちゃくそ楽しみ。ステーキ好きだから。
でもステーキで満足したことはない、というのも、この家庭でのステーキつったら近所のしっかりしたステーキハウスで食うかチェーン店かっていう話になるんだが、チェーン店で高いの食ってもお世辞にも美味しいとは言えず、結局インジェクション肉で価格も味も割と両立出来ているということで妥協した始末。もちろん満足はしていない。
一方近所のステーキハウス、文句無しに美味いんだけどねえ、高いんすよ。最後に食ったの何年前だったかな…18のガキンチョがそんな数年前の自分の舌を頼る事は許されず、もう一度食わないと気が済まない。ずっとあそこのヒレステーキを食いたい食いたいと思っている。んで度々20食限定のランチにお邪魔してハンバーグ食うんだけど、これが美味いんですわ。しかもデカい。もちろんランチにステーキもあるけど、こちらはサイコロ。ハンバーグなら量も満足だけど、ステーキとなると腹5分目程度。ステーキの後はデザート食いたくない。肉といえば最近神戸に行ってきて、まあなんと豪華に鉄板焼きを頂きまして(もちろん自分の金じゃない)、食ったんだけど…うーん、この…何やこの焦らしプレイ。ひと切れ食うのにアホ程時間かけないと次が来ない。いや肉は美味いんだけど、抹茶塩で食べさせたり岩塩で食べさせたりハーブ塩で食べさせたり…塩ばっかじゃねえかお前ん家ィ!
やっぱステーキって自分で切って食うのが一番美味いと思っている。

…ということで彗星の如く現れたいきなりステーキだが、もう死ぬ程楽しみ。ミディアムのアメリカ牛を奥歯で噛み締めるのを想像するともうヨダレが止まんねえ。歯茎にちょっと来る程度が良い。冷麺に酢入れまくって喉が少し痛いのが良いっていうアレと同じ。

ランチタイム300グラム1350円だぞ!?300グラムだ300グラム。文句無しに腹一杯食える。
前菜なんか必要ねぇんだよ!何が食前サラダや んなもん喜ぶのはバァさんくらいだろ!


結局自分に高級料理店は合わないというか早すぎるのでいきなりステーキでガッツリ食って脳ミソ溶かします。

やらかした


やってしまった、もう逆鱗に触れてつい言ってしまって喧嘩してしまった。全身ボッコボコに殴られて打撲しまくりで鼻血ブー、首も曲がらない、未だに筋肉が緊張してまともに動けやしない。

昔からそうだった。いつも俺が余計な口を出して殴られて上下関係を見せられるオチ、何も昔から変わってなかった。
快適に過ごして欲しいと言いながらも掃除しねえわ洗濯しねえわ飯作っても直ぐに来ねえわでヘイト溜まりまくりの絶頂だった。今回は俺が悪い、今日の昼は食うつもりはなく兄に作っておいたのだが、30分経っても来ないので腹を立てて食ってしまった。それに兄は腹を立て、自前で飯を作るのだが効率が悪いのなんのでいちいち口出ししてい怒らせた。晩飯に使う予定の食材を使って洗い物も過剰に増やすやり方だったもんでつい毎日の生活態度等の不満と共に吐き出した。
結果、暴力でねじ伏せられた。判っていた筈なのに、少しでも変わってるかと思ったから余計に強く言った。変わってないのは自分かもしれない。
洗い物も洗濯も食材も全部俺がやると殴られる前に言われたものだが、それらを全くやってないから信憑性もクソもないもんで呆れて言い返したのが切り口だった。終わった後に外に出て色んなものを蹴って叫んでいたのを聞かれ、母が出てったのはお前のせいだとまた言われた。どうせ何してもそれを武器に文句付けるだろうが何とも思わない、強がりでもそう言いたい。母であっても家族じゃねえから所詮他人だろ。
最初に俺が悪いとか言ったけど本当はそんな事微塵にも思ってない、そう思いたいだけでもうこいつにはさっさと帰って欲しいという気持ちで一杯である。暴力でしか解決出来ないカス野郎が。何もかも後から精算出来ると思ってんのか。
男兄弟だから自然ともう仲直りはしたのだが、俺は絶対に自分が間違っているとは思わない。俺が正しい。兄がどうとかじゃなくて俺が正しい。自分を責めて良い事なんて前例からしてある訳ねえから何もかも俺が正しい、だから今回の事は赦すつもりは無いし正当化できるものはそうしてるつもりだ。そう思うのはこの暴力の対価と考えるだけで十分だろう。以前彼はこういうことがあったからこう考えているのだろうと思って貰いたくない、昔は殴り合っても最後は笑って済まそうとしたもんだが、生憎今は他人をどう不快にさせようが自己解決で生きていくつもりでずっといる。自分が得すりゃそれで上等なんだよ、そうさせた人間とそれを受け入れた俺が悪い。

晩飯は作ってやるけど、向こうがまだ意地を張るつもりならそれに従おうと思う。ほんとクソくらえだよ、あー節々が痛い。今日が雨じゃなければなぁ…

分かることと分からないこと


兄が帰ってきてから4日が経った。
駅へ迎えに行った時に、立派な髭とパーマのかかった茶髪に少し隠れた真っ赤な眼鏡とおまけにピアス付けている顔面の情報量が多大だったのを見て、ああ外から帰ってきたんだなと思わせてくれた。
結局こちらには1人で帰ってきてくれたので嬉しかった。彼が愛媛に行った時に母はやっと兄に会えると思ったら彼女引っさげて来た上に別で過ごすなんて言われたと思うと不憫というか心の中でズッコケただろう。

アホみたいな移動距離を経て帰ってきたというのに父も俺も朝昼と家にいないしルールも健在していたからちょっとふてくされてた。
ルールと言うのは大袈裟で、まあ本来は久しぶりに帰ってきた自分に何でもしていいよという気持ちで接してくれという兄の希望に対して父はいつも通りだったから残念なんだろう。例えば家族でさあ出掛けるという時に頭のセットに時間がかかって怒られる、とただそれだけなんだが本人は思うところがあるのだろう。俺にとったら100回は見た光景だからああ同じだと和ませてくれるんだがどうやらそういう訳にはいかないようだ。一昨日には祖母の家で夕食を取っていた時に、父がいつものようにひと言ふた言余計な事をサラーっと言った瞬間席を立って帰ってしまった。昨日お高い眼鏡を買って飯を奢り、尽きない話もしたのでそれで機嫌を直してくれるといいが。


去年もそうだったがある特定の時間帯に特定の場所で2人で話す時間が自然に設けられる。
小さい頃から今までずっと音楽に触れさせて貰って、それを仕事にしようとするのだから羨ましいとまで思っていたというかそれをその時に直接言ったのだが、向こうはこちらの逆で選択の余地が無限にあるお前が羨ましいと言われた。
もちろん音楽が嫌ではないと言っていた。ただ努力しているつもりではないとも言った。誰がどう見ても努力しているのだが彼が言いたいのはそうではなく、努力していると思ってしまうと続かないとだけ言った。

これはどういう事かひたすら考えたけど経験が浅いせいなのか何なのか全く分からない。
数年前、父の仕事の手伝いをして終わった時に いつもこんな感じなのと聞いたら、仕事は楽しめるかどうかで決まる と返ってきた。兄の話はこれと似たようなものだと今は解釈している。

不思議だったのが、びっくりする程母の話をしようとしなかった。気を遣ってくれている訳ではなく、何を言っても無駄だと感じているからだろう。兄はいつも結果を求めようとするからとも思えるがその辺は深く考えていない。それでもひとつ家庭がこうなってしまった事について、ただお金が悪いと言っていた。もちろん皆はそれを分かった上で個人個人への問題を掲げて原因を特定しているつもりだが、兄も判っている。つまり金を稼ぎまくれば万事OKという事だろ、頭悪いけど頭良い考えだろと言っていた。
自分が喧嘩して椅子をブッ壊した時に酷く大事になり、その時の文句が「喧嘩をふっかけたお前のせいでこうなったんだぞ」というもので、昔はそればっかり言っていて皆の印象に必ず残っているだろう。何をしても原因はお前、原因はお前とただそれだけ責めてきたのでそれを皮肉に取って説明してくれたのかもしれない。
母親をああしたのは必ず後悔するとキッパリ言われてもちろん自分はそんな事思わないが、時間がそうさせると言いたいのか本当にそう思うようになると言いたいのかは分からない。


最近自分の口調も変わり性格も大雑把になってく過程が掴める感覚はもう少し、あと少しの時間で忘れてしまいそうでちょっと怖い。
それぞれの大切な時間がどれかは分からないが、自分は今のこの時間を大切にしようと思う。