ゆるい思想

脳ミソからケツまでイった男の雑記

襲来


詳しくは話せないが、今夜から外国人が一週間この家で生活する。そして今週バイトが一日たりとも入ってない。これがつまりどういう事かと言うと、「日本人の子供はまともに学校にも行かず仕事もせず家でダラダラしている」なる印象を与えてしまう危険性を孕んでいるという事である。

日本という先進国にどんな期待や懸念があるかはサッパリ分からないが、自分が海外で人の生活を客観的に見たように、というか主観的に見るなら失礼極まりない行為だがまあとにかくそれと同じ目が「子供の」自分という人間ひとりにフォーカスされる確実性には自信があって、そして何を提示できるか、いや提示という一方的なものでなく呼応する環境を秘めているという前提の期待もあるかもしれない。
途上国でも、子供は学校に行くものである。それが日本の子供は全日制を捨て遊びにほうける選択肢を持っているという見方をされた場合、果たしてそれを楽観視してくれるかどうか。自分で言うのも悔しいが、通信制なんて高校行ってないのと同じである。幸い卒業に向けての課題に追われているため「勉強している姿を見せつける事ができる」のは間違いないが、こう考える自分が悲し過ぎるのもまた間違いない。

まだ家に来てもいないのに既に面白い。夜までの時間に追われまくってんのにそれどころじゃなく嬉しそうにこれを書いてるのでヤバい。
何をしなきゃいけないかって、一番に掃除である。この家は落ち着くとの評判を得ているがそれは絶妙な汚さ故にもあるので清潔感を第一に、幸い汚いとされる原因に当るそこら辺に散らかっているものの所有者は9割方この俺なのでまず掃除。そして自室、家族以外に誰も上がらせた事は一回もない理由は圧倒的な汚さにある。これに限り文章で説明するとしても想像には難くないと思うが、エロ本が積み上げられ下着は散乱し、(何とは言わないが)中身が一杯のゴミ箱が平然と2つ並んでいる。そして日を追うごとに増えていった飾る予定とされたアニメグッズが机の上で山を作っている。当然この部屋も見るだろうからさっさと掃除して換気してグッズを飾らなければいけない。お前この前掃除したって記事書かなかったかってか?あれは部屋の半分の話だ。という事でネオジム磁石を速達で購入した。160円から300円に大幅値上がりしてんじゃねえよ。早くしろ。


見栄の前に衣食住の要素を考えなければいけないがそもそもこんな記事書いてる場合じゃねえ。