ゆるい思想

脳ミソからケツまでイった男の雑記

いろいろ


先日「スターウォーズ 最後のジェダイ」を観てきた。が、SW初見である。
これはどういう風の吹き回しか、SWを人生で一度も観たことがないのも既におかしいのに最初に観たのがこの新作3部作の2作目なのは、俺が既に「フォースの覚醒」を視聴済みと思って友人がチケット取ってくれていたからである、SWはいつか観たいと思っていたので良い機会だった。ただ過去作をいくつか観て今作の評価がどんくらい変わるかは心配なところ。


率直な感想としては、普通。アメコミみたいなイメージ無かったから、これがSWなんか?と思ってしまった。誘導するようなシナリオ、小動物のマスコット売り、危機一髪でコミカルに助けに来る味方、BGMなしのシーンが殆ど無い…何だかディズニーみてえだなと思ったら、そういえばルーカスフィルム買収されてたんだった。


今作から観たせいで大元のストーリーは断片的にしか理解できなかったが、それでも充分楽しめた。しかし裏付けのない状況描写は「ここいる?」ってシーンばっかりで各キャラクターの繋ぎも雑、もっと勢いでブッチギってくれたら
わざわざ挙げるのもちょっと嫌らしいが(こちとら批判しているつもりはない)、特攻シーンはベタ中のベタのキャラクターがベタな事やってて、いくら王道人気シリーズだとしてもアレで泣いてもらおうとでも思っているのかなとふと考えてしまうのはつらい。そんな貴方に、機動戦士Vガンダムとかどうですか。


ただセリフは総じて好き。それでも視聴者が心で感じるべきものをいちいち説明するのはなんだかなぁ〜(阿藤快)
アクションシーンは重々しくて見応えあった。


そしてカイロ・レン、このキャラクターが一番印象に残る。レイとのニュータイプ空間のようなやり取りも良かった。レン役のアダム・ドライバーのビジュアル、演技が物凄く好みなので主演映画を漁ってくる。
特にウユニ塩湖での一対一のシチュエーションで身体を一度だけ揺らしてライトセーバーを腰で構えるあのカット、あれは死ぬ程好き。あのポーズのポスター欲しい。
グッズにはマスク被ってるものが多くて、レンの顔が好きなので少し残念だが、ダースベイダーなんだからマスク被ってるのは普通か。そもそもダースベイダーなのあの人…?やはり初見野郎は色々と危ないのでここまでにする。

ただラストのルークはどう足掻いても某超越〇力の方にしか見えないので(俺の頭を)どうにかして欲しい。




余談


旅行で重要なのは目的やその達成感などではなく、人間の快楽、ただそれだけに集約されていると、持っていたかもしれない疑問に上手いこと引っかかった。「どこへ行ってどんな事をした」という自覚がどれだけ不必要か、勿論その快楽と目的の必然性もクソも考える間もないが、因果の存在するかもしれないけど否定したいもの、そこに寄せる感情がどれだけ人を幸せにするかどうかを思い知ってこその旅行だと、自分にとってそれが一番大切なのだと感じた。

東京という街、みんな自分のことに手一杯の筈なのに、その中に余裕があるようで非常に魅力的に見える。自信と不安の隙間にある愉悦、関心と無関心の方向性、全てがバランス良く整っていて、人のわずかな欲望、悦びというか、劣等感などとうの昔に捨てたような、突発的な感情を受け取るか無視するか、そんな事を皆本能的に判断しながらこの街に居ると思うと…確かに地元は悪い訳ではない、小さく感じる事もないが、ただあの街と人は広いようで狭くて、とにかくこの非日常と呼びたいものに取り憑かれている少しの間だけでもいいから、あんなところを飛び出したいと思う苛つきを一生覚えていたい。

一泊だけして通り過ぎようと思っていたが気が付けば三泊、ここに溶け込みたくて、もはや錯覚なのは分かってるけど、こんなにもたかが個人を楽観視できる自分がたまらなく好きで気持ち良いと思ったのは初めてだから、しがみつきたくもなる。
正直に言うと相対的な価値(と言ってしまうと大袈裟かも知れない)が確実にあって、結論付けているのは間違ってはいない。目に見えるだけでも情報量は膨大で、人と関わってやっと個人の生活の一端が垣間見えるだけなのが、都会なんだろう。