狂った高校生とゆるい思想

脳ミソからケツまでイった男の雑記

やらかした


やってしまった、もう逆鱗に触れてつい言ってしまって喧嘩してしまった。全身ボッコボコに殴られて打撲しまくりで鼻血ブー、首も曲がらない、未だに筋肉が緊張してまともに動けやしない。

昔からそうだった。いつも俺が余計な口を出して殴られて上下関係を見せられるオチ、何も昔から変わってなかった。
快適に過ごして欲しいと言いながらも掃除しねえわ洗濯しねえわ飯作っても直ぐに来ねえわでヘイト溜まりまくりの絶頂だった。今回は俺が悪い、今日の昼は食うつもりはなく兄に作っておいたのだが、30分経っても来ないので腹を立てて食ってしまった。それに兄は腹を立て、自前で飯を作るのだが効率が悪いのなんのでいちいち口出ししてい怒らせた。晩飯に使う予定の食材を使って洗い物も過剰に増やすやり方だったもんでつい毎日の生活態度等の不満と共に吐き出した。
結果、暴力でねじ伏せられた。判っていた筈なのに、少しでも変わってるかと思ったから余計に強く言った。変わってないのは自分かもしれない。
洗い物も洗濯も食材も全部俺がやると殴られる前に言われたものだが、それらを全くやってないから信憑性もクソもないもんで呆れて言い返したのが切り口だった。終わった後に外に出て色んなものを蹴って叫んでいたのを聞かれ、母が出てったのはお前のせいだとまた言われた。どうせ何してもそれを武器に文句付けるだろうが何とも思わない、強がりでもそう言いたい。母であっても家族じゃねえから所詮他人だろ。
最初に俺が悪いとか言ったけど本当はそんな事微塵にも思ってない、そう思いたいだけでもうこいつにはさっさと帰って欲しいという気持ちで一杯である。暴力でしか解決出来ないカス野郎が。何もかも後から精算出来ると思ってんのか。
男兄弟だから自然ともう仲直りはしたのだが、俺は絶対に自分が間違っているとは思わない。俺が正しい。兄がどうとかじゃなくて俺が正しい。自分を責めて良い事なんて前例からしてある訳ねえから何もかも俺が正しい、だから今回の事は赦すつもりは無いし正当化できるものはそうしてるつもりだ。そう思うのはこの暴力の対価と考えるだけで十分だろう。以前彼はこういうことがあったからこう考えているのだろうと思って貰いたくない、昔は殴り合っても最後は笑って済まそうとしたもんだが、生憎今は他人をどう不快にさせようが自己解決で生きていくつもりでずっといる。自分が得すりゃそれで上等なんだよ、そうさせた人間とそれを受け入れた俺が悪い。

晩飯は作ってやるけど、向こうがまだ意地を張るつもりならそれに従おうと思う。ほんとクソくらえだよ、あー節々が痛い。今日が雨じゃなければなぁ…