狂った高校生とゆるい思想

脳ミソからケツまでイった男の雑記

最善


アメリカでは先月頭から既に夏休み、今年も兄が帰ってくる。彼は必ず何かしら問題を持ち抱えて家に帰ってくるのだが、今年はもっと忙しくなりそう。去年は母親だった。面倒と言うべきか。
もちろん兄が帰ってきて喜ばない奴は誰一人居ない、我が家の誇りであり、これまでにどんな努力をしてきたか知っている。だからこそ自宅ではより快適に過ごして欲しいと心から思っている、特に何もしていない自分の立場からして当然の配慮である。

話の辻褄が合わなかったのは昨日まで。問題を知った今日からは面倒は避けて避けて行動させるように尽力しているつもりではあるが、果たして正しいのだろうか。
兄はまず東京で友達の家に1週間泊まってから愛媛にある母のアパートへ行き、今のところ2週間過ごしている。父から受け取った10万は既に使い果たしたと言い、母の職場で週3のアルバイトをしているにも関わらず今日自宅に帰ってくる予定も先延ばしになった。俺に迎えに来てほしいとまで言った。普通に考えてどこかで金を落としているのは明白だが、兄は一人暮らしをしている母へ注ぎ込んでいるという推測を立てた。兄がそのような事をする男なのは皆知っている。義理堅いのか常識がないのか分からないが、それは出世払いでやるものだろう。ただ同じ血を引く自分からして分からない話ではないというか自分でさえ、めぐり逢いが違えばそのような思考になるのは理解できる。決して後ろめたさではない。
しかしこれだと帰れない理由がない。

実際その問題というのが結局兄の彼女の存在である。ただそれだけの事かと思うがここまで話しておけば、これがクソ面倒になりかねないのは一目瞭然。
東京の友達の家というのは彼女の家、1週間で10万が消えたのもそれだろう。愛媛でバイトしてるにも関わらず帰れないのは、わざわざ宿まで借りて彼女を連れ込んだから。母の1Kアパートの様子を聞いた時に曖昧だったのはそのためだ。バイトが決まる前の話、東京に1万置いてきたと最初に嘘をついた(真実かもしれないが普通話す理由はない)のも納得出来る、道理で迎えに来て欲しいと言う訳だ。いや納得出来んが。彼女と長く居たいのは判るがこっちの事情も考えて欲しい、まあ予定空けるとかたくさん買い物したとか掃除したとかその程度だが。


もちろん父はそんな事知らない。絶対にこの事は言ってはいけないと思っていた。あっちはあっちでまた、彼女がいる。最近離婚したばっかなのにそんな事が知られてしまえば慰謝料待ったなしも同然、父はそれを気にしているのだがそれ以上に家族間の信頼が一瞬で崩れるのを気にしなければならない。
父が彼女と出会ってから何年が経つか知らないが、父が俺に彼女が居ると伝えてくれてから毎日欠かさず電話している。仕事の移動中、入浴中、就寝前だ。よっぽど好きなんだろう…食事中は流石に止めてくれとお願いしたらすんなり止めてくれた。その毎日の連絡を兄に知られたくないという理由で止めるのはあまりにも不自然だ。既に彼女の両親に挨拶しに行ったというのに、隠し事があると知ったら向こうにとっちゃたまったもんじゃない。
兄は兄で母親大好きっ子で、度々連絡も取っている。クリスマスプレゼントも貰ったようだ。元々あの2人は殆ど喧嘩しない仲の良さで、顔も性格もよく似ていた。そのせいで肩入れしてる。向こうが主張する分には母は大変で、やんちゃな犬もいるから実家で暮らすことも出来ず時給800円のバイトをしながらアパートで貧しい生活をしているという。だからお金を送ってやってくれと兄は同情しながら訴えかけてきている。
俺からしたらそんなもん報いだとハッキリ言いたいところではあるが、俺と母の間にあった出来事を兄は知らない。これからも言う必要は恐らくないだろう。しかし電話越しに聞こえる母の声は何かを狂わせて、自分を責め立てるような気分にさせる。

(何故離婚後に慰謝料を気にしなければいけないかというと)父は彼女を作ったのは母が別居してからだと主張しているが、俺は「i miss you」の文字が父のスマホに表示されているのを別居前に見てしまったからだ。当時父と仲が悪かったためにそれを「不倫しているかもしれん」と兄に伝えてしまった。今回恐れるべきなのはこれをダシにして兄が父に問い詰めることだ。そうすればどうなるか、父は不倫ということで慰謝料も請求され、俺が証言したという事で矛先は間にいたはずの俺に向く。母の両親はお堅い方々で、父に厳しい言葉を向けているのも知っている上に犬という責任を押し付けたので余計に知られてはまずい。

だから兄に情けを売った。迎えに行くとも言った上に、彼女も連れてきていいと言った。一種の罪悪感を持たせる事で抑制したかった。俺の出したボロをどうにか回収して欲しくなかった。
ここで情けと言ったのは、少なからず良心があるからだ。ここで自分も女の子を家に連れ帰って5日間過ごしたと言い、それを嘘か誠かどう取るかは兄の判断次第だがとにかく安心させたかった。じゃあ10万の話はどうなるか、それは俺が連れて帰ることで解決すると願っている。普段自分の事しか考えていない俺が他人に金をかけてまで世話を焼くという事実で父に察させること、父も女性に金を使っている事実を知っている俺の目の前では兄に口出し出来ないというプライドを引き出させるのが目的だ。もちろん父は自分の稼いだ金で兄の学費を全額請け負い、俺を不自由なく生活させてくれているし、専門学校に行く金も用意してくれている。日曜だろうが祝日だろうが朝っぱらから働き詰めで正直心配だ。だから年に5回の(彼女に会いに行く)タイ旅行に関しては何も咎める事は出来ない、落ち度はないと俺も本人も思っているから兄に物が言える可能性は十分にあるのも当然と思っていい。
だがこれでも母に伝わってしまえば慰謝料が発生するのは確実だから隠し通したいし、彼女が父の原動力と過去とは打って変わった優しさの理由なら尚更現状維持して欲しい。

ここまでは兄の彼女がセットで帰ってくると想定した話。次は彼女はこちらの家に来ることなく東京へお帰りした場合の話。これが望ましい、というかこの線が濃厚だと踏んでいる。彼女もこちらの家庭事情は把握している筈だから、父俺そして兄を気遣って一足先に帰ってしまうと勝手に想定した。「彼女を連れてこないで」と言うより「彼女を連れて帰ってきてもいいよ」と伝えて気を遣わせる方がどう考えても兄へのダメージは少ないので後者の言葉を選んだ。彼女が来なければ父を諭す理由もある訳が無く、宿もこれ以上借りずに済み、俺が迎えに行く理由もなくなる。
しかし良心がこれ以上進ませてくれない。2人まとめて迎えに行くと言ったのに、彼女帰るならお金あるんでしょ俺迎えに行かないわ なんて言ったら兄が何も思わない訳が無い。
特急・快速を利用して1万前後、新大阪から岡山まで新幹線を使うなら+5千円はかかる。もちろん片道の話だ。向こうは金があるのにわざわざ迎えに行って無駄金叩く事態は避けたいのは当然のこと、つまりは一人で帰ってきてと言うのにどのような優しさを当ててやればいいか。
あたかも今気が付いたように無駄金の話をした後に、もし一人で帰ってきたら豪華なレストランで奢ると約束を立ててそれで解決出来るならいいが。電車に乗るだけの旅より美味い飯を食った方が絶対良いに決まっている。腹を満たして腹を割るとよく言うが、今回は飯が後に付いてくるもので正直心配である。


双方から秘密を守ってくれと挟まれて話される側としてはお互いを尊重しなければならないと思っている。最初に「この事を言ってはいけないと思っていた」と書いたのは、自分からすればさっさと打ち明けて安心させて欲しいというのが本当の気持ちだから。もちろん無理な話だが。
ではそもそも俺という存在がいなければ、母は離婚しなかったし父は不倫しなかったし兄が多方面に心配をかける事も無かった。ここからはいつものスパイラルだが、しかし本気でそんな事を思う気持ちも月日が経つに連れ消えてしまった。あの時ああすればなんてもう微塵にも思わない、プロセスと結末だけが存在したあとは最善に向けて動くだけでいいとこれまでの出来事から嫌という程伝わってくる。今回は若干コミカルに書いた上に大袈裟に考え過ぎているように見えるだろうからくっだらねえ話に思えるかもしれないが、こちとらクソ真面目である。昔と同じような間違いをして得られるものは何もないのは分かっているから、この話に妥協だとか思い切りなんてものは存在しない。

広告を非表示にする