ゆるい思想

脳ミソからケツまでイった男の雑記

年末に勝る梅雨

あ〜〜〜〜〜やったぜ。(開幕有頂天)体調がガッツリ回復した。わずか1日で熱さも寒さも忘れてラーメン2杯→お好み焼きのコンボで超が付く程腹一杯、最高や。満足通り越して快感。吐きそう(本音)

やはり食事というのは何にも勝る。性欲にすら勝ると信じている。性欲が絶頂に至ればあの子に一回やらせてくれよと声を掛けるか迷うも一発抜けばオールOK、賢者タイムが救ってくれる。しかし腹の減りはどうだ、何をやっても解決してはくれない。食欲もない時にヨーグルトを流し込むだけでは、絶対的存在である中華料理屋の唐揚げ定食(ラーメン1人前&ライス&サラダ付で680円)を貪る自分には到底勝てない。食欲がないのに美味そうに飯を食っていた以前の自分を殺してやりたいと思ってた。不思議というか矛盾した感情を面白がって一人で笑うのはもうやめだ。俺は明日もラーメンを食う。ザマァみろ。

結局解ったのは相対的にものを見る時に対象が自分に変わったということ、想像以上に自分が好きなのねあらうれしい。



そんな高ぶった感情も2,3日で収まるから今の内に喜ぶだけ喜んでおいて、本題に入る。

CD買った。


あとスマブラ買った。



まずCD
こちらはbiniouというアーティストのアルバムなんだけど、アニメ「なるたる」のエンディング曲である「回路」が欲しかった。アルバムには12曲入っていて回路はフィナーレ。アニメ版とはキーも編曲も違うと分かってて買った…というのも、アニメ版でフルが入ってるなるたるのサントラがクソ高いのよ。8千円近くしてオッパゲドン。買えねえよ。

当然他の曲も順に聴くけど1周した感じではあまり耳に残らない。ちなみに全部失恋ソング。メロディ、歌詞共に重いけど挑戦的というか振り切れてて気持ちいい。ねっとりした歌い方も好み。欲をそのままにって感じの激しい曲が続いた最後に回路が流れるもんで悲しくなってくる。
ケツ2曲以外は全部ボーカルが作詞作曲してて、そのケツ2曲は作曲が安岡洋一郎。作曲者が違うと歌詞の切り方がやはり面白い。

ボーカルの青木千春については何もかも不明。調べても若いアイドルしか出てこなくてお前じゃない。編曲は書いてなかったけど安岡洋一郎だと思う。
そんでこのbiniou、アルバムはこの一枚のみしか出してない。色々と謎。



次にスマブラ。こんなクソ野朗と遊んでくださる素晴らしい友達がいるんだけど、毎回スマブラwiiやるんだよね。小学生時代から何も変わってない。キャッチボールしてスマブラして麻雀やる。麻雀はここ数年でサイクルに介入した。
そんで折角WiiU持ってんだからスマブラも新しいのやりたいし買った。WiiU自体はスプラの為だけにおととし買って、他のソフトには手を付けずいつの間にか埃まみれ。触ってみて分かるけどクソハード。ほんまクソ。まともにゲームすんのにどんだけ周辺機器買わないかんのや。パッドもイマイチ。スティックがVITA並みに酷い。せめて充電はUSBにして欲しかった。

ただスマブラのステージ作成時に液晶に書き込んで面白い地形を作れたのはパッド活きてて関心した。ポジ種とお嬢様アナルの戦いをステージで演出したのは楽しかった。買った当日にそれやったから未だにCPUとすら対戦出来てない、何やってんの?




FF12とかガンダムとかの話もしたいんだけど長くなりそうなので次回に。



ほんと昔から金の使い方を何も分かってないけど、どれも形として残ってるから懐かしいのよね。アニメグッズとかゲームとか服とか…服に関しては着れる筈もないのに残ってる。小遣いで買ってたんだけど、まあこれがセンス皆無で草枯れる。よく着回してた服を見つけるとその時何してたか思い出して楽しい。つっても中学〜高校の間だから記憶は新しいんだけども。
今じゃパジャマでスーパーうろついてる不審者である。たまに同級生のママに出会うと皆揃って同じ事言うから面白い。ニット帽被ってブカブカのジャージ着てたらそらそうなるわ。