読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

狂った高校生とゆるい思想

脳ミソからケツまでイった男の雑記

洋楽を紹介するだけ

随時更新。


Rascal Flatts - Banjo - YouTube
初っ端からこれブッ込む。最初聴いた時90年代のカントリーと勘違いしてたがLeave the phone and the GPS っていう歌詞で ん?と思い調べたら割と最近の曲だった。
バンジョーのパターンにエレキが介入する瞬間ほんとすき。
サビ終盤の「And you kick it into four wheel drive when you run out of road and you go, and you go and you go-go-go」のリズム感が最高にたまらん。

  • Extreme Ways(2002)-Moby

Extreme Ways - Moby (The Bourne Identity) - YouTube
言わずと知れた名曲。
プレマシー版(1作目と同じ)、アルティメイタム版、レガシー版、そして最新作のジェイソン・ボーン版(Moby - Extreme Ways (Jason Bourne) - YouTube)があるが、ジェイソン・ボーン版が一番好き。
イントロ・アウトロは第一作目であるアイデンティティ版の方が良き。前までスプレマシー版が別途にあると勘違いしてた、実際は別バージョンと履き違えてたせいでもうめちゃくちゃや。la Roseraieの曲がオッサンの演歌に差し変わってたりとにかくAppleの野郎許さん。


Elliott Smith - Son Of Sam - YouTube
このPVからも分かる通り、殆どの曲のレコーディングを一人で行っている。
「Roman Candle」→「Elliott Smith」→「Either/Or」→「XO」→「Figure 8」という順でアルバムを網羅していた時、Figure 8のトップバッターに腰抜かしたのがこの曲。3分と短いけど、 珍しく激しいエレキと歌詞の重みのせいでとにかく不安を掻き立たれる。彼の曲は全般的にシンプルで、繊細な音作り、最小限の演奏。でも、退屈と感じた曲は冗談抜きで一つもない。なぜかって、彼が天才だから。
エリオット・スミスと言えば「Miss Misery」だが、あえてこの曲を紹介。
洋楽ではぶっち切りで推したいアーティストなのでせめてアルバム「XO」を手に取って欲しい。
エリオットは6枚目のアルバム製作中であった2003年に他界、当時34歳。自殺なのか他殺なのかハッキリしていない。


  • Spanish Sahara(2010)-Foals

Foals - Spanish Sahara - YouTube
日本でも発売されたゲーム「LIFE IS STRANGE」のエンディング曲。名作なので是非。
もう何から何まで新しくて、初めて聴くサウンドでどうすればいいか分からなかったが、何度聴いても飽きない。脳に全ての音が流れ込んできて気付いたら宙に浮いてる。この曲は耳で聴く感覚がない。
全9台のスピーカーで大音量で流すともう気が狂う程気持ちがいい。近所迷惑。

↑半年前に撮ったもの。