読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

狂った高校生とゆるい思想

脳ミソからケツまでイった男の雑記

カレンダーに書けない予定

こんにちは。




書いた後消してしまいましたが再掲します。できればもう逃げたくないというかこの出来事に勝った気持ちでいたい(切実)


自分語り要素が満載なので注意。



高校を退学してやさぐれていた頃(今は別の高校に在籍しています)、母から「自給自足で生活を繋いでいる素晴らしい場所があるから来ない?」と誘われ、特に怪しむ事もなく断る理由も無かったので行きました。



行ってみたら実際凄い所でした。農作物は勿論、肉類、乳製品、飲み物さえも自前で生活を賄っていました。触りだけで言った場合にただ一つ怪しかったのは、原発反対の看板がデカデカと掲げられていた事です。


地元に原発がありますので(最近廃炉になりました)、停止の経緯や、原発周りにどんな人が住んでいるか等の背景は知っていて、非常にシビアな問題だと感じていたのでまああんな風に考える人も居ておかしくない程度に思っていました。



そこに住んでいた人は世代様々で、80を過ぎた方もいれば小学生の子もいました。全員で12人、半分が県外からきたそうで、皆それぞれに役割が与えられていました。
小学生の子に学校はどうしたの、と訊くと休んでると答えてくれました。休めるのか…(困惑)


そして僕は好奇心が強い人間だったもので、普段付き合う事のない人達や色々な思想を持つ人達と関わり合うということを純粋に楽しんでました。(深夜徘徊や無理に吸う煙草、飲めもしない酒、とにかく自分と同じ世界にいる人間と共に行動をして貯めた金を浪費するだけの生活に嫌気が差していたので、もういっそここで生涯を捧げようと考えていたのは事実でした。)




10日程通い続けた時ですかね、事は動きます。




そこの長が僕の名前をホワイトボードに書いて、いい名前だ、と。そして人造言語であるエスペラントの解説を唐突に始めました。その後学生運動に参加したとかなんとか、日本は腐ってるだとか、終いにはご本尊様がとか言い出したんです。
ってファッ!?今何つった!?






正直草生えましたよ。もうほんとにびっくりした。パーンとなりましてね頭が。宗教ってそうなのー?(エ)




その手の話を3時間ブッ続けで聞かされましたが、幸いニコニコに精通していての存在は知っていたので正直本能的に「ヤバい」と直感したのか、話が全く耳に入って来ませんでした。詳しく説明したかったんですが、本当に覚えてないっす。


更に最後に「月9万、9万さえ生活代として出していただけたら、仲間入りです」
と言われ、ここで全てが繋がりました。ユージュアル・サスペクツのラストシーンみたいなアレ。
そこで「自給自足なのに金を取ることがヤバい」と思ったのではなく、「母が生活費から金を出している」という事に気付いてしまったのが運の尽きでした。



真面目な話に戻ります。



何がそんなにヤバいのかと言うと
母は結婚してから仕事(正社員)を3回も辞めています。結婚時〜約20年目には父からのお小遣いが月15万(水道光熱費を除く)だったのが、母の化粧品事業の失敗により生活が厳しく、月のお小遣いが7万まで落ちていた事です。更に化粧品事業は(知ってる方は分かると思いますが)地域の方々を巻き込み、親は村八分の対応を受け、兄をアメリカに送り出したばかりだと言うのに、家庭内は非常に深刻な状況に置かれていました。



そんな中、母が食費として与えられた7万を全額無駄遣いしていた、という事実を先程の9万の話で気付いてしまったのです。つまり母は仕事もしないのに、生活に当てるべきのヘソクリを堂々と持ち歩いて使っていたんです。一方父は日曜も働き詰めでストレスマッハでした。暴力もたくさん振るわれましたが、どんな形であれ父は生活の為にあらゆる物や、気持ちを賭けていたと思うので、しょうがないです。皆解ってました。



心から軽蔑しました。色々あったので、今でこそアルバムとかであの顔を見るといつだってやるせない気持ちになりますが、やはり許せません。




その自給自足の施設での話はまだ続きます。


長の左翼活動の話はまるで、自分達を誇るかのような口調だったのでつい、先程の母への怒りもあった為かその場で口を出してしまいました。
「こんなの自給自足グループを装った反社会組織だ」と。
宗教については一番言わなければならないと感じていたのですが、その後周りにいた人達に言葉で弾圧されてしまったので、言えませんでした。今思うとそこだけは言わなくて正解だったかなあと。


正直地獄でした。彼等は別世界の人間なんだなと感じるより、ここでは自分が別世界の人間扱いされている事に気付き、顔が真っ赤になりました。



殺されると思いましたよ。殺されはしなくても、確実にこれから嫌がらせを受けると、確信の中帰宅しました。



そして真っ先に父に相談して、結果全部終わりました。離婚し、地域の人との関係も今では修復され、父は離婚して開放されたのか、気持ち悪いくらい優しくなりました。別の人と再婚予定。お金の問題も今はありません。タイに連れて行って貰えるくらいですし。




問題は解決しましたが、まあ僕から言わせれば糞撒き散らす程のハッピーエンドですが、恐らく兄から見れば圧倒的バッドエンドだとじゃないですかね。根拠はありませんが。血の繋がりの何とやらって奴です。(兄にこの件は未だに伝えていません)

この記事をここまで読んで下さった方にも直感的にどう思ったかコメントして頂けると助かります。ただし政治や宗教の反論や持論はおやめ下さい。怖いからやめて。ピュアな高校生にそんな事言わないで。




だいぶざっくり説明しました。他にも僕の外出中に母が自宅に何回も男を連れ込んでグッズ(直球)を買い込んでいた話や、事が終わった後にも電話が何本もかかってきた話や、実は電気とガスを普通に使ってた話とか話そうと思えば死ぬ程あるんですけど、これで終いです。終わり!閉廷!





〜余談〜

ぬわあああああああああああん疲れたもおおおおおおおおおおおおおおん



はい、ここからはライトにいきます。


こんなクソ長い文を読んで下さって本当にありがとうございます。マジでお疲れ様でした。
そもそも何でこんな事書こうと思ったかと言うと、まあ…要するにただの発散です。それだけ思い出す度辛かったっす。いやぁでも激寒自分語りを長々と申し訳なかったです。



母を完全に悪者扱いして(実際悪者なんじゃないこれ…?)話をしてきましたが、家庭内で色々とあっての出来事です。母も精神がやられて宗教に逃げてしまったかと思うと、まだ間に合った時期がもしかして最後まであったのではといつも悔やみます。
ここまで話が大きくなってしまったのは、いわば交通事故のようなものです。産まれてからこれまでの全ての行動はどう足掻いても噛み合ってしまうものです。人生何があるか心底分かったもんじゃないと感じました。この出来事があってからテイルズオブジアビスやると悲しくなってくる。実話にゲーム持ち出すとかこれもうわかんねぇな…




丁度その時期にツイッターのリア垢でメンヘラにも劣らないツイートを毎日ブチかまして(えっそれってメンヘラじゃないの…?)ましたが、今は正常でございます。
あの時期に友達に、いい加減我慢を覚えろという旨のリプライがあってその時はつい図星を突かれて言い訳リプを飛ばしてしまいましたが、事ある毎にあの言葉を思い出します。そのリプのお陰で前よりは感情を抑えられるようになったんじゃないかなあ。そう信じたい。


もしかして今も、というか潜在的に精神的な病を患っているんじゃないかといつも心配して友達に思い切って相談しましたが、性欲が強過ぎるだけで正常だと言われたので僕は正常です。正常です(念押し)


(最後に)
あれから2年が経とうという所ですが、面白いくらいに今は面倒事がありません。自分にはギリギリの場所が悲しいくらい似合ってるなんて嫌でも思いたくないけど。(prototype並感)
平和になってから言える事ではありますが、時々面倒事が起きないかな何て思ってしまいます。母がいれば確定的に事件がやってくるんだろうなと思う時点で、ほんとロクでもない人間だと自分で心から感じた。喉元過ぎればとはこれの事か…
どうせ面倒が起きたら早く過ぎてくれと自分で解決しようともしないのにと思いつつ、結果的に過去のものとできたので良しとします。





一部ネガティブな発言は修正しました。