読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

狂った高校生とゆるい思想

脳ミソからケツまでイった男の雑記

「クズの本懐」を観ろと言われて

こんにちは。



普段アニメを観ない人達が話題作りに(失礼)視聴しているそうで、おもしろいと猛プッシュを食らったので仕方なく観ることにしました。

…普段アニメ観ない人達がアニメの話題で盛り上がるのは「進撃の巨人」以来じゃないですかね。少なくとも自分の周りでの話ですが。



(と丁度7話観た直後に記事を書き始めたんですけど最終話終わるまで待とうと思ってそのまま忘れてました。もう話題性もありませんが書きます。ネタバレ注意








まあまず
うわおもっくそベロチューしとるやんけ!これでシコらん男子高校生なんてえんやろ!
と思いました。はい。
真面目に感想言いたいんですけど僕も思春期真っ只中なんでね。


エロいからこんな盛り上がっとんかと思ったらどうやらそうでもないらしい。なんでも共感できるとかストーリーが面白いとかなんとか。



先に簡単なあらすじを説明します。
女主人公(花火)は男教師の事が好きで、男主人公(麦)女教師の事が好きで、男教師は女教師が好きで、女教師は不明、という設定です。
そして花火と麦が、お互いに恋が実るまでお互いを拠り所にしようと契約しました。したんです。


本題。


1〜2,3話あたりまで花火と麦の対比を描くストーリーなのかと、コラテラル(映画)を思い出しながらワクワクしていたがどうやら中盤から怪しい香りが。
麦の恋愛対象の女教師は股が自動ドアであると判明し、花火に恋するガチレズ姉貴ことえっちゃんが堂々の土俵入りで貫禄を見せる。


他にも幼馴染の麦を愛して止まない金髪お姫様等が現れるが、どうやらこれらのサブキャラを綺麗に回避するシナリオでなく、真正面から向き合った上で自分が本当はどうしたいのか、もしくはこのサブエピを経てどんな感情の変化があったか、ということを伝えたかったんだろうとキャラクターを見て思った。が、実際は見事な空振りであった事実を後述で説明する。



あらよく出来てるじゃない。と感心した矢先、サブキャラと主人公サイドの恋の行方はどちらも主人公サイドが振られる形で終わる。ん?この不自然な流れは…


そして7話ラスト、花火と麦がそれぞれの理想の相手に告白して砕けようと決心する。





ここで視聴者である僕の方が先に砕かれました。
やられました。全てはこのワンシーンを作者が見せたかった為にレズと(パリピと)(スレンダーお姉さんと)お姫様のストーリーをブチ込んだのです。


何がいけないの?とお思いのそんな方に説明下手ながら解説させていただきます。



まず物語の柱というものが存在しますが、この作品の場合だと柱が見当たりません。柱とは、聞き手への目的です。コンセプト(テーマ)ではありません(この作品の場合のコンセプトは成長、出会いと別れ等)。

柱が無ければ物語が極めてヤワいものになります。その例が、7話というケツから物語を組み立てていることです。なので不自然に見えました。


そして恋愛ものは、キャラクターの作る物語です。あんな構成をするのであれば何もクズとかいう設定など不要です。もっとも連載させる為に新しい試み、と言うと聞こえが良いですが面白い設定を入れたいだけにしか見えないくらい噛み合っていませんから。



更にこれは男だから言える事ですが、麦君は男の悪い部分だけ抽出されたイケメンと感じました。

それはお前が共感できないだけで個人差なのではと言わr 何回言うんだこれ…


麦君、男の思考してないんです。感覚的なものなので具体的に説明は出来ませんが、男性の方なら判るかと。女性の方には自分の気持ちを男性に無理に理解して欲しくないという感情を思い出して貰えれば結構です。

つまりどういうことかと言うと原作者は女性ってことです。これに尽きます。
仕方ないね(レ)


こう言っちゃおかしいですが、感情移入はしても同感はするもんじゃないと思います。自分と重ねてしまったら私はどうする、俺はこうするという思考のせいで、作品の見え方が180°ひっくり返ってしまうのではと。恋愛アニメは常に見守る姿勢でいたいです。
と言いながら特定シーンで過去の出来事と見事に重なってえなり(幼少期)並にヘドバンしました。


あと富野ガンダム的な見解をするとおっぱい揉んだ時点で奴らはまともなエンドを迎えられないと直感しました。

以上、ヘッタクソな解説でした。

物語後半は特に話すことはありません。(雑)
どいつもこいつも丸く収まりやがって!


作画は気合い入ってました。
花火ちゃんかわいい(クソノンケ)

あと若干話の内容が映画向きなんじゃないかなあ。
漫画風の演出はうーん…
どっからこんな感情が生まれたか分からんがバトルアニメ観てる気分でした。ある意味G-レコの3倍疲れたっす。毎週、視聴後魂を抜かれた気分になりました。




いやあこんなクソブログをここまで見てくださってありがとうございます。あなたは神です。


批判まみれになってしまいましたが、この文を読んで おっしゃ俺も批判したろ!と考えてるそこの貴方、作品を楽しんでいる友達の目の前でおもっくそ批判をして素晴らしい扱い(オブラート)を受けた人間を一人知っています。直に本音をブチかますのは絶対にやめましょう。



普段アニメなんて興味無い、観ない人がどんな形であれ楽しんでくれるのは本当に嬉しいことです。話題を作ってくれたこのアニメに感謝、そしてアニメがもっと生活に浸透してくれたら何よりです。

そんな嬉しさで書きました。これもうわかんねぇな。


最後に、

何分言葉の引き出しが少ないもんで読みにくかったかと思われます。すみません。
そして出来上がってから改めて読み返してみると非常にくさい文章になってしまって申し訳ないです。謝罪ばっかじゃねえかお前ん家ィ!





ちなみに好きな恋愛アニメは「君が望む永遠」です(爆弾発言)