ゆるい思想

脳ミソからケツまでイった男の雑記

大失態

やらかした。簡潔に言うとこの1年間、モノラルで音楽を聴いていた。


去年の3月にiPhone6sを紛失してからiPhoneSEを買うまでの4ヵ月、全く音楽を聴いていなかった訳だが…iPhoneSEを買ってやっと音楽聴けるとウッキウキでいざ聴いてみると、なんだか音質が悪いというかそんなんで悩んでいた。

最初はiTunesが糞だと思うに至って、もしかして圧縮してしまっているのではと確認するもwavだったので問題ナシ、iCloudミュージックライブラリのせいにしようかと思ったが調べれば調べる程(というか実際使ってて普通に)優秀なのでこちらも原因ではない。

次は単純にイヤホンが悪いのかと思って何度も替えた。しかし解決せず。SONYの7.1chのヘッドホンも買ってまで拘るも、撃沈。


もうiPhoneSEが悪いものとして考えた。
だがどうだ、誰のせいにしてもあの感覚は帰って来ない。脳の奥の奥、突き抜けた4次元の空間で量子化したような感覚でスパゲッティ効果にさらされた彼方、もはや位置では表せない場所で聴いていた「STAND UP TO THE VICTORY」はいつの間にか耳で聴くようになってしまい、たった4ヵ月音楽を聞かなかっただけで何かを失くしてもう以前のように音楽を聴くことは出来ないような身体の劣化をしてしまったのかと落胆しきっていた。


前にニコニコで、ある動画を見ていた時にガバ穴ダディーの音声が左右に振られていると思われるコメントが流れて、実際自分の耳では全く左右に振られていなかったのだ。この時はアプリ版のニコニコはモノラルになったのかとため息ついたものだが、何故この時にiPhoneの設定でモノラルになっていると気が付けなかったのか。文字に起こせないほどのおぞましく意味不明で汚い音声を、左右に振らせてくれよと懇願したその自分の異常さにも気が付いていなかった。
やっすいAcerのPCを持っているには持っているのだが、なんせイヤホン挿したらひでえノイズが入るもんで動画はスマホで見るようにしていた。Bluetoothは遅延がね…



そして今、なんの脈絡もなく設定を適当に弄っていたらこんなのが出てきた。

モ ノ ラ ル オ ー デ ィ オ ?
もしやと思いオフにするとどうだ、脳ミソに、脳ミソに、脳ミソに直接音が流れてくる。もう気が狂うほど、気持ちがいい狂うほど。原因が解明されたと共にあの感覚が帰ってきた。


何か余計なことを考える前にニコニコを開いて、ガバ穴ダディーの動画を開くとあら不思議、縦横無尽に!!クッソ汚ねえ音声が振られている!!!!もう二度と聞くもんか!!!!
当時イヤホンの善し悪しの判断材料にしていた「カミイロアワセ」を聴けば、何もかも感じられる。モノラルで聴いていた時はあの膨大な情報量に圧倒されて、一極でしか考えることが出来なくて悩んでいたあのサウンドを全て処理出来た。




もう嬉しくて感動でソ連時代のコサックダンスからリズム感と躍動感を消したような踊りをしながら再び音楽を聴いている。

PSVR用シューティングコントローラー is GOD


ヒィィィィィィイヤッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッホォオオオオオオオオオオオオオオオオオオウ!!!!!!!


Farpoint シューティングコントローラー同梱版を購入ッッッッッッッッッッ!!!!!


発売日が23日だと完全に勘違いしてて死ぬかと思ったが何店舗か回り、購入できた。予約しとけこの野郎。


在りし日のクリスマスのプレゼントを開けるあの気持ちを思い出しながらパカーっと開ける。

※袋とりました
これよこれ、これが欲しかったの。PSmoveを我慢して我慢してこいつを待った。シューティングコントローラー(以下、ガンコン)自体はPSVR発売前から情報は出てたからもう欲しくて堪らなかったよ。


とりあえず持ってみる。

軽い。1kgくらいあるんやろなーと予想していたが実際は500g、重量バランスは良好。もうちょい重くてもよかったと思ったプレイ前だったが、色々やった後だとこの重さがベストだと感じる。


そしてFarpoint起動。
利き手と身長の設定、トラッキングを済ませてからスタート。ネタバレは一応避ける。


なんやかんやあって謎の星に辿り着いてスタート。ライフル銃を手に入れた。

うーん、カッコいい。ホントに持ってるみたいで超興奮する、これだよこれを実感したかった。

上に向けた感じ。ちなみに左手首の数字は現実世界での現在時刻。いちいち外して時計確認しなくて済むから助かる。

サイトを覗く。意外だったのが、ブレない。もっとガクガクしてるものかと勝手に思ってたが滑らかで満足。これならしっかり狙えそう…と感じたが、マズルフラッシュが結構激しくて小さい標的だと当てにくい。しかも判定がメチャクソしっかりしてるからほんの数mm外しただけでも許されない。ちなみに弾は無限、30発あたりでオーバーヒートする。

トロトロしてるとこんな風に飛びかかってきてヘッドセット投げ捨てそうになる。ナチュラルにビビるからやめろ。

飛びかかってきて大きく見えるけどカサカサ地を這ってる時はちっこくてなかなか当てられない。


こんなおぞましいのも出てくる。


難易度は固定。しかも難しくて死にまくる。敵陣に突っ込めば3秒で死ねるから辛い。主人公とリンクしたのか何なのか、最後はもう生き残ってやるという気合いだけで撃ちまくった。

300°くらいガンコン振り回せるんだけど、プレイヤーにあまり後ろを向かせないように上手いこと出来てた。
昨日4時間、今日1時間プレイしてキャンペーンをクリアした。昨日は興奮しまくって4時間ブッ続けでも酔わなかったが、一度休憩してまたやり始めた時にゲロ吐きそうになったので今日に持ち越し、ついさっきクリアした。チャレンジモードや協力プレイ等もやってみたいがも、もう少し休ませて…





プレイ中にこんな景色も拝める。



ここから適当に武器の解説。



ショットガン。高威力な上に連射速度も良好でありがたや。射程は思ったより短く、リロードも必要。リロード忘れて死ぬことがしばしば。シュワちゃんみたいに腰で構えて歩きながら撃つと楽しい。




スナイパーライフル。こいつがクソ強くて、状況に対応して出てくる新武器使うよりこれをバンバン撃った方が早い。弾は3発でリロードも長め、サイトも等倍だが威力がハンパない。ただ先に書いた通りそもそも当てるのが難しい上に3発しかないから相当精神集中させないとキツかった。後半は敵の動きがいやらしいのなんの、もうエクストリームな難易度だから泣きたくなる。




プラズマライフル。この武器のデザインほんとすき。3点バーストで、バッテリーが続く限りはシールドも出せる有能武器。スナイパーに疲れた時はこれで撃ちまくる。

シールド展開時。たまらねえぜ。




スパイクランチャー。無能。





ここから余談。

実はガンコンが欲しくて買ったわけで、ソフト自体に興味はそんなにある訳じゃなかった。近未来的世界観でモンスターやエイリアンと戦うFPSであるDestiny、HALO、DOOMのようなゲームはあんまり好きではなくて…
FPS自体はちょこっとだけやってる。だがBO3は2週間程度で売っちまったしIWは購入すらしなかった。操作が多くて多くて難しいのよ。BFは4を少しやってた。BF1も買ったけど50時間程度しかやってないと思う、なぜなのか。BFHは結構楽しかった印象があったんだけど、これまた売った。なぜなのか。
なんでまともにプレイしないと分かっててこんなに買ってるんや…
まだだ、まだWWIIがあるじゃないか。原点回帰つってるし買います。
いやこの辺の話はまた別でやろう…


Farpointの話Farpointの話。
トーリーについてはそこそこ面白くて、設定や世界観は雑なものがあったり展開が早い…というよりもずっと戦場に居る訳だからある程度表現は縛られてたのもあって、メタ的に言えばVRヘッドをつけっぱで10時間近くストーリーやらせるのは流石に誰もやらなくなるから短くしなければならないというのは伝わってきた。
ただエンディングについては(プレイヤーの精神状態とニーズに鑑みても)不満だった。
追記:ネタバレしないと書けない表現ばかりで書くのがキツかったのもあって、回りくどくなってしまった為ストーリーの感想は大幅カットした。

しかしVRのゲームとしては本当に色々な体験をさせてくれて、これは本当に嬉しかった。もちろんガンコンの機能も発揮できたし買って良かった。大満足。

雑談


もはや感情の推移を説明していると捉えてもらっても構わないというかその目で見てほしい。
こんなブログが自分を知る人間に見つかればどんな反応をするのかは知っている、ここにあるのは対外的な存在から見栄を張りたいだけならまるで意味不明な文を書く必要は全くない。

ではスマホに付いてるメモ帳ではいけないのか、そことは差別化しているつもりでいる。あっちはあっちでギッシリ何もかも書いてあるから時々なんの事か忘れる。アニメの感想もあっち、タイムリーな感情をあらすじと一緒に書いてくれるから後で助かるのなんの、昔は気に入ったキャラクターのセリフを書き出して喜んで覚えてた。

一方ブログはメモ帳に書けないような感情を殴り書きできる。誰にも見られたくないと言えば嘘になるが、SNSのような人との関わりが難しくしてあるからかえってやりやすい。なんだろうこの躍動というか、バイタリティーを感じる。他は知るもんかっていう子供の文を遺憾無く発揮できる。書いて投稿するっていう動作がもしかしたら大事なのかもしれない。
さて脳内の無意識を写しているのとは流石に違う。基本ブログ書いてない時はアナルチンポコウンコマンコだとかガバ穴ダディーだとか熟女Bとかフシギィ…!ココロォ…!とか中居産と伊原木知事の顔が廻ってたり
い〜〜〜〜〜〜〜〜〜なかwwwwwwwヤバすぎwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
クソ
過疎wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
っていう歌が流れてたり。おっぱいまんこまんこちんこに関しては特に魅力は感じられなかった。おせちんこは和田アキ子(の歌だけ)がそもそも好きなので良き。

話が逸れたが要は考える時間がブログに収束されているという。更にひたすら考えていた時の想いも忘れたがこうして文字にするなら覚えられる。考える時間が必要なのはこの個体の特権で、唯一分かることだから都合が良い。

反省

難しい事なんて微塵も考えずに能天気に生きた方が得なのは知っている、だがこいつはガチのアホのカマホモ野郎だと下に見られながら生活するのはどれだけ吐き気がするか、何かしらの理由で完結されるのはどれだけ殴りたくなるかを誰もが知っている筈だが、ここまでのプロセスに愛想つかされたように感じるのは未熟だからかは知らん。
時間が経てば解決する前に忘れるだろうがそれが成長なのかどうなのかも知らん。
ここまでは以前の自分であったが、人間性においては可能性を見出す順序というよりも、一方的に見限った狭くて広い感情をぶつけられる優しさを忘れてはならない。求められていない答えを出すことに必死になる新たな問題は、直接的でない出来事に関して他人が語るものほどつまらないものはない、当事者は犯人の顔に糞を投げつけたい気分だろうがそんなもの他人事であることに変わりはない。良いようにされれば恩は返さなければいけないのは当然で、要は学ぶ必要のない怒りや悲しみをわざわざ受け取りに行く面倒臭さを理解できない。摂取できるニコチンの量の差分で悦に浸ることができれば簡単だが、ここでこそ出てくる場違いな意見に転嫁されて時間稼ぎを食らうようになるにはどこまで忘れればいいのか、そこでしか生きられない人をやっと考えて回り道できるようになった。結局のところ忘れりゃ解決するとかいう利便さを最大限生かすなんてものはただの妄想で、実際のところ本心はどこにあるかだけ忘れきればいい。人に言われてもないのに遠慮する理由はここにあったのかとようやく気が付いた。
これが言えるのも愛想笑いがヘッタクソなのも乱れた心の表れだと簡潔に指摘されればそれこそごもっともで殴りたくなる答えであり、まだ色々なものを盾にできる証拠かもしれない。
自分のような卑怯な人間を上手く出し抜かれたと気が付いた今この瞬間からやっとスタートを切れると確信した。

雑談


ようやく人間らしくなってきた、というのも内容はアナウンサーとスポーツ選手が結婚したニュースくらいどうでもいい事で、具体的には言えないがその程度である。

最近やっと我慢というか積み方を覚えたというか、ある枠組みの中でここは譲れないっていうプライドは捨てられるようになった。割り切れるようになったのとは違う。ラブリー18歳、まだ大人になれません。
ただそのせいで、上を目指すと言うと大袈裟だが、これ以上は見込めないと勝手に思い込んでしまうというか何というか。まだ何もしていないのに能力を試したいだとか潜在的な評価を急いでしまうのは何も手にしていない証拠である。
まだ社会人になるには早い(建前)もっと遊びたい(本音)という思いも、まあ成るようになる自信だけは若いからあるのは仕方ないとして、早くもこの停滞した雰囲気に馴染みつつある今は正直ヤバい。こんなん口で言っても紙に書いても特に進歩しないのが素晴らしいところ。


ブログの投稿間隔を見ればその通り、ps2時代のパワプロのマイライフみたいな感じで調子というかテンションの変動がまあ単純に上下するからどうにか維持したい。最近のはアイテム使うだけで常に絶好調維持できるからヌルいがそれ俺にも導入してくれよ。




以上、毎日風呂に入るようになったとか掃除をするようになったとかの話でした。




別の話。
久しぶりに旅行に行った。丁度一週間前の話なんだけど、福岡、長崎に。佐賀…は知らない子ですね。GW中に行こうかと当初は思うもやっぱ平日がいいと判断したりどこ行こうとか迷ってたりしたらいつの間にか6月になってた。ちなみに今週名古屋行く、日帰りだけど。

青春18きっぷの存在を知るも期間外で糠喜び、敦賀→新大阪の鈍行、新大阪→博多までは新幹線とかいう頭おかしい采配をするがこれには訳がある。
新幹線往復+ビジネスホテル付で1万後半程度のチケットがあったのよ。これで許される。
後はメインである鷹vsヤクルトの交流戦のナイター取った。

そんで着いたら街をフラフラ〜と。
当たり前だけど都会だった。何気に九州初上陸でイメージ的なものは全く固まってなかったとは言えうん、都会だった。同級生はみんなして修学旅行で沖縄行きやがってクソが、俺も行きたかった。

ってこれまた別で書いた方が良くない…?そうしましょう。

曲の再生回数が分かるアプリを発見


春服全部片付けたのに今更涼しくなりやがってこの野郎、ありがとうございます暑いの苦手です。


よくツイッターで見かける「#nowplayng」って何やと調べて見つけたアプリをいくつか落とすも、その仕様は相当面倒でよくこんなの使ってんなって思ってたらついでに見つけた有能アプリを紹介しよう。


こいつだ。
SongsInfo on the App Store
泥では配信されてないそうで。


タイトルの通り曲の再生回数が分かるアプリ。もちろんお馴染み「ミュージック」アプリ内…PCで言うとiTunes内での再生回数が分かる。iTunesiCloudアカウントとの連携は不要。

このアプリ使わなくても一応PCのiTunesで再生回数は確認できるけどガッバガバでアテにならないので注意しよう。
(追記)同期されていれば問題ないとのご指摘を受けました。どうやら俺の頭がガッバガバだったようです。申し訳ない。集計の仕様は独自のものでなく、本来PCのみで確認できるものをアプリを通せば端末で確認できる、という感じの説明になるのかな。


こんな感じでランキング形式で見られる。

狂ったようにラブライブの曲を聴いていたのにおかしいと思ったが3年前にiTunesのアカウントを自分用に作ったのを思い出した。当時他にはどんな曲聴いてたんやろか…


曲を流しながらアプリを開けばこんな画面に。


もちろん別の曲になれば同時に切り替わる。「再生回数」は最後まで流した時にカウントされて、スキップしたら「スキップ回数」にちゃんとカウントされる。


「再生回数」とか「累計再生時間」の欄を押せばさっきのようなランキングに飛ぶ。

累計再生時間ランキング。

(追記)こちらは曲を流した分だけの時間が集計されている訳ではなく、曲丸ごとの長さを乗算したものであるとの事。

再生回数、累計再生時間共にアルバム、アーティスト別で見ることができる。

↑再生回数-アルバム
これは立派な石川智晶信者ですね…
グラミー賞のアルバムにはいつもお世話になってます。
やべえこの前AGEディスったばっかなのに好きなのバレた。


という風に眺めるだけでも楽しいので入れてみては。

ツイキャスやってみたけど


ホンマ疲れるわこれ…


ツイッター本垢に通知飛ばすのアレだからわざわざ別垢作ってまでやったんだけど、結果的に死ぬ程疲れた。これは性に合ってないというか慣れないだけなのか…


昨日の夜22時〜3時までひたすらやってて死ぬかと思った。最初は友人のお誘いでコラボキャスをやって、友人のキャス仲間が何人か来て適当に1時間程話したのは普通に楽しかった。その友人は僕と性格合わなそうだけど未だに付き合ってくれている人格者。
ここからが問題で、その友人のキャス仲間のひとり(以降Aとする)が通話に乱入した辺りから怪しくなってきた。

Aはいわゆる典型的なパリピというかチャラ男で20歳。ふたつ上。一時期そういう人間と絡んでたがAも案の定大体同じ雰囲気だから困る。
国道で100km/h出した自慢に始まり、ヘビースモーカーをカミングアウト、自分からサイコパスと言い、音ゲーが超得意で今度一緒にやろうと。


いや〜キツいっす(素)
完全にツッコミに回ってたらいつの間にか30分経って終了、その後友人に誰コラ(誰でもコラボという自動マッチングシステム)をやってみたらどうだと言われそこから1人で誰コラする事に。



1戦目:おんなのこ(ネット彼氏持ち)
挨拶から始まるも何を話していいか全く決めていなかったので出身を聞き学校の事を聞きそのまま雑談に流れ込む。クッソ可愛らしい声してたけどこれ地声じゃねえだろお前。メンヘラ気味でヤバさ全開、可愛い声してるねとテンプレ煽てをキメて質問を綺麗に返すもいちいち少女の闇が深過ぎて心が痛くなった為打ち切り。強く生きて。


2戦目:おばさん(独身)
名前を「タコ」にしていたもので、開始早々たこ焼きにしてやろうかと言われて流石に笑った。愚痴っていいかと提案され了承したので相談に乗ることに。しかしいつの間にかこっちが日々の不満をブチ撒いて相談に乗ってもらってた。大石と不二か何か?結局おばさん側も元気を貰えた様なのでwin-winのスッキリ円満終了。


3戦目:おにいさん(独身)
キャス歴長め。バックにアルペジオのopが流れてたのですかさずアニメ好きなんですか!?と聞くもどうやらそうでは無いらしい。5人兄弟で、ひとり上京してきて就職活動中。高校中退でおっ同類やんけと思ったが財布を10年使い古しているという言葉で圧倒的な差を感じた、この人絶対いい人だ。キャスでやってけてる辺り無限のカノン星(ミュ)を感じる。とても高校中退とは思えない温かみがあった。踏み外してもこんな人間になれるんやなって…



コミュ障の癖に上手く接せてるやんけと思うかもしれないが、相当キツい。最後のおにいさんはこれ以上ない癒しであったものの、やはり顔も名前も知らない人間と話すのは苦手である。ツイキャスは自分と似たような趣味の人が居ないことも分かった。
例え他人でもコミュニケーションを取れることがどれだけ幸せか解っていても選別したり、うわキツと感じてしまうのは悲しい。古い付き合いの人間とアナルチンポコウンコマンコって言い合えるのにどれだけ時間がかかったかと改めて思うと泣けてくる。学校は真面目に通って友達、作ろう!

PSVRでAVを堪能

以前まではPSVRでAVを視聴する事は正規では不可能だったけど、いつの間にかDMMのPS4用アプリでVRAVが視聴可能に。PCにPSVR繋いでパッチ当てたり動画をUSBにブチ込んでLittlStarで視聴するという方法は以前からあったものの、どちらも面倒なのでパスしていた。

そもそもシネマティックモードでブラウザ上のVRAV見りゃいいじゃん(いいじゃん)って、そういう訳にもいかない。あのモードは2Dの画面を数メートル先に映し出すだけで…早い話がPCやスマホの画面見てるのと変わらないのよね。


前置きはこんくらいにしておいて、今回購入したのはこちら。

【VR長尺】当然、勝手にAV化!イケメンの友達がほろ酔い状態の女の子を僕の部屋に連れて来た!女に無縁の僕にはそれだけで大興奮なのに超過激でHな王様ゲームが始まっちゃって…VR編 - アダルトビデオ動画 - DMM.R18



いや(タイトル)長えよ。ちなみに動画の長さは170分。すんごいボリューム。価格まで言うと990円。半額だったので購入した。(半額で990円)


※ここから先画像がいっぱい出てくるけど、PS4では再生中にスクショ撮れなかったので画像は全部スマホ一眼再生のスクショ。それと解説気味に進行する上にエロ画像なんてものはないので注意。


まずこんな感じ。

当然、首を振れば見渡せる。だが、前後左右に動かしても位置は変わらない、頭の位置は固定ということだ。下を見れば自分の体がある。クソ細い。

体を動かせるAVも、他人のセックスを自由に傍観するだけっていうコンセプトなら実現はできる。ただ何台のカメラが必要なんだろうか…


真横を見ると、こんな感じ。

真上、右も同様。面で切ってるから真っ暗、180°VRである。勿論3Dなのでそこは安心してほしい。



さてようやく本編に触れる。

えーまず会話がすんごい自然。主人公である自分は無口という設定で全く喋らない、そこは仕方ない。
台本はあるだろうが会話の内容がリアルでアドリブも見られる。ちょっとシケたりするのも最高。いわゆる抜けるシーンまで2時間近くかかる。長尺というやつである。
まあその分焦らされるのでこれがヤバい。没頭感あるから2時間もあっという間、2D画面では可愛くねえなと思った女の子も100倍可愛く見える。こっち向いて話すから普通に緊張する。キモいね。


そして注目すべきはこの男…名前は分からないがこの男である。(さっきの左向いた時の人)
イケメンなんだよね。そんで話し上手、ノリも良い。普通に好き。

タイトルからも察するに王様ゲームがエスカレートして男と女2人で4Pするんやろなあと普通は思うだろう。ところがどっこい…(悪夢の始まり)



開始50分で王様ゲームが始まり、最初は一気飲み程度だったものが、ポッキーゲームに発展する。1回目は女二人で微笑ましいのだが、2回目には男同士でポッキーゲームすることになり…


えっマジで?

本当にやりやがった。

キツいキツいキツいキツい!ホンマキツい!こうして2Dで見ても相当ヤバいけどVRヘッド被ってる時の破壊力は異常。


王様ゲームはまだ続く。おっぱい揉みだしたりした頃、再びソレは発生した。

巡り合ったのである。ちなみに命令内容は「上半身をくまなく愛撫する」
何やってんだこいつら…


更にエスカレートして服を脱ぎ始めた頃、再びソレは発生した。
命令は「パンツを見せ付ける」

そら笑うわ。



意外に綺麗な尻してますねぇ!


王様ゲームも終盤と思われた頃、再びソレは発生した。

ホモビか何か?
しかも耳元で「気持ちいい?声出してもいいんだよ」って囁いてくる。3Dオーディオプロセッシング絶対許さねえからな。



その後は細かなカットも入りAVらしくなって本番して終了。
正直ここまで面白いとは思ってなかった。上記以外の部分も含めて買って良かったと思う。
不満があるとすればモザイクが濃いことくらい。


VRなら他にもバイオハザード7とかデレマスとかも買ったからそっちの記事も書きてえなあ…

恐怖


気が付いていないだけで、危険はいつもすぐそばにある。それに気付いてしまった時、ようやく恐怖に怯える事となる。なんてバカで滑稽なんだろうか、いままでそこにいたのに。


それはいつものように薪置き場で丸太に座りながら音楽を聴いていた時であった。

すると右手から来た一匹の蜂が頭上を通過したと思ったら、消えたのだ。ふと見上げると…




なんやこれ…こんなデカい杭なんか打ってあったか…?と思った矢先、穴から蜂が飛び出す。



その瞬間、蜂の巣だと理解してしまった。





いや〜ん怖いもうどうしようほんと…もう怖い怖い怖い怖いよ〜もう誰か…ねえほんと怖い…あっもうやだ(裏庭へ走り出す)



とてもこの大きな図体で男とは思えない動きをしていたと思う。その場で調べた結果、コガタスズメバチの巣だと判明した。


心理的にほぼ100%再び近付いてその実態を確認するだろうと近付くが、結局何も考えていないのと同じである。
ゆっくりと標的との距離を縮めながら歩くも、立てかけてある材木に右足が当たりガラガラと音を立てる。


しまった!
※コガタスズメバチは巣に触らなければ何もしてきません


まるで映画みたいだと笑って一旦離れ、カメラを起動し最接近するその姿はアホの子そのものである。
そして家に退避し現在に至る。



最近つくづく思う、虫全般苦手になった。昔はカマキリやカブトムシやザリガニからトンボまで捕まえて遊んでいたというのに、今じゃセミが怖くて道を遠回りするどころか、セミの死骸を見るだけで跳ね上がる。もうすぐ夏だが、いつからか心の底から来て欲しくない季節になってしまった。
この苦手という感覚は好き嫌いではなく、いわゆる恐怖に置き換えられている。なぜなのか。


この世界に突然肉食のデカい虫が繁殖したら真っ先に死ぬと思う。

ゲームは恋人


前回のゲームの話の延長戦。



6月はお休みして7月にFF12ゾディアックエイジ、ガンダムVSシリーズの新作を買う。予定じゃなくて買う。
FF12は本当に好きなゲームの一つで発売がもうイカれる程楽しみ。インターナショナル版の倍速、ジョブシステムが導入されるからまた試行錯誤できると思うと一層待ち遠しい。クリアに200時間かかるとして有名だけど是非やって欲しい、今回は倍速モードあるから随分楽になると思う。ジョブシステムのおかげで均等に育てなきゃ恐らく再びゼリーで24時間放置経験値稼ぎが始まるんじゃないですかね。育成面倒くさがった結果がこれである。

他の3人はミストナックを撃つ為だけに前線へ出て死ぬ運命となるので十分注意して育成しましょう。

画像見れば分かる通り小学時代はこの3人が好きだったんすねえ。当時はパンネロの魅力が全く分からなかった。ふざけんなクソ野朗死ぬ程可愛いだろ。
今回はフラン・バッシュ・パンネロの3人で基本は行こうかなと思ってる。ステータス的にはバッシュ盾役でフランは遠距離と黒魔法、パンネロは緑魔法・裏魔法中心でやって貰いたい。僕個人のスタンスとしては白魔法は全員に使わせるのが好き。


そしてガンダムガンダム。(家庭版としては前作の)フルブーストの発売日いつだと思ってんだ。2014年1月だぞオラ。遅いわふざけんなありがとう。発売日からほぼ毎日やってきた。いや冗談抜きで。ほんとよく飽きないなとつくづく思う。今回はアケの家庭版としてではなく家庭版専用として新作が出る。β版当選して3日間やったが、気持ち悪いくらいバランス良くてびっくり。色々モードあったけどオンラインをひたすらやってた。新システムもすぐ慣れる。
今回オフラインモードも充実してて良い感じ。以前は友達には絶対勧めたくなかった、みんな猿になっちゃうからね、しょうがないね。冗談抜きで人格変わるんだよなあこのゲーム。FPSより余裕で民度低い。いやしかし、操作難しいし民度低いからやりたくないって方も今回は買ってくれ。
操作は格ゲー程難しくない。コンボとかクソ簡単。360°の動きはある分確かに慣れるまで糞垂らすけど読み合いはあんまりない。


操作とかの話は置いといてシステムとかモードの鼻塩塩。


先程言った通りオフラインのモードが豊富。一人でも十分楽しいと思う。詳しくは公式サイトのシステム概要(【PS4】GUNDAM VERSUS(ガンダムバーサス) |バンダイナムコエンターテインメント公式サイト)へお連れしますのでそちらで。結局投げやりじゃねえか。


そんでカジュアルマッチ。オンライン対戦なんだけど、タイマンからいつもの2on2、3on3とかいうブッ壊れた対戦が簡易マッチで気軽にやれる。恐らく戦績保存は無い。前作にもワンマッチ、今回で言うカジュアルマッチがあったんだけど、あれは2on2しかなくて回線指定出来なかったから全く触らなかった。


あと今回、1st、Zの機体が多い。これは嬉しい。今までドム居なかったの逆におかしいよね。ガンタンクガンキャノンも悲願の参戦で泣いた。ただ連ジDXやってた身としてはSEを当時のものに似せて欲しかった。
機体一覧はこちら。(【PS4】GUNDAM VERSUS(ガンダムバーサス) |バンダイナムコエンターテインメント公式サイト)まだ増えると思う。



こっからはシリーズ通した上で恐れなければならない話、つまりDLCである。

フルブ家庭版プレイヤーならこれ見ただけで発狂する。

マキシブーストっていうシステムがゴッソリ違うゲームの機体を持ってきてフルブにDLCとしてブチ込ん結果ランクマッチがDLC機体だらけになりましたとさ。要するに超強い。
修正すればいいじゃん(いいじゃん)ってなるけど、対戦ゲームの有料DLCは過度な修正出来ないからねえ…
そんで今回は現在稼働中のマキブONとどんな連携がされるか気になるところ。基本的にアーケードの方で新機体が出てその後家庭版にDLCで出るっていう手法だったんだけど、今作はそれに加えて独自に機体作って出して欲しい。


このゲーム、実はガンダム知らない人もやっている。というか3割方視聴してない。ゲームやり始めてから視聴するパターンが体感多い。初代に関してはほとんどのプレイヤーが観てない。聞くと大体00って言う。まあプレイヤー層が中学〜大学生なので当然である。SEED勢は知らん。オッサンはGジェネスパロボやってる。


一つ確実に言えること、ガンダム勢と仲良くなるのは絶対にやめよう。基本頭おかしい。

年末に勝る梅雨

あ〜〜〜〜〜やったぜ。(開幕有頂天)体調がガッツリ回復した。わずか1日で熱さも寒さも忘れてラーメン2杯→お好み焼きのコンボで超が付く程腹一杯、最高や。満足通り越して快感。吐きそう(本音)

やはり食事というのは何にも勝る。性欲にすら勝ると信じている。性欲が絶頂に至ればあの子に一回やらせてくれよと声を掛けるか迷うも一発抜けばオールOK、賢者タイムが救ってくれる。しかし腹の減りはどうだ、何をやっても解決してはくれない。食欲もない時にヨーグルトを流し込むだけでは、絶対的存在である中華料理屋の唐揚げ定食(ラーメン1人前&ライス&サラダ付で680円)を貪る自分には到底勝てない。食欲がないのに美味そうに飯を食っていた以前の自分を殺してやりたいと思ってた。不思議というか矛盾した感情を面白がって一人で笑うのはもうやめだ。俺は明日もラーメンを食う。ザマァみろ。

結局解ったのは相対的にものを見る時に対象が自分に変わったということ、想像以上に自分が好きなのねあらうれしい。



そんな高ぶった感情も2,3日で収まるから今の内に喜ぶだけ喜んでおいて、本題に入る。

CD買った。


あとスマブラ買った。



まずCD
こちらはbiniouというアーティストのアルバムなんだけど、アニメ「なるたる」のエンディング曲である「回路」が欲しかった。アルバムには12曲入っていて回路はフィナーレ。アニメ版とはキーも編曲も違うと分かってて買った…というのも、アニメ版でフルが入ってるなるたるのサントラがクソ高いのよ。8千円近くしてオッパゲドン。買えねえよ。

当然他の曲も順に聴くけど1周した感じではあまり耳に残らない。ちなみに全部失恋ソング。メロディ、歌詞共に重いけど挑戦的というか振り切れてて気持ちいい。ねっとりした歌い方も好み。欲をそのままにって感じの激しい曲が続いた最後に回路が流れるもんで悲しくなってくる。
ケツ2曲以外は全部ボーカルが作詞作曲してて、そのケツ2曲は作曲が安岡洋一郎。作曲者が違うと歌詞の切り方がやはり面白い。

ボーカルの青木千春については何もかも不明。調べても若いアイドルしか出てこなくてお前じゃない。編曲は書いてなかったけど安岡洋一郎だと思う。
そんでこのbiniou、アルバムはこの一枚のみしか出してない。色々と謎。



次にスマブラ。こんなクソ野朗と遊んでくださる素晴らしい友達がいるんだけど、毎回スマブラwiiやるんだよね。小学生時代から何も変わってない。キャッチボールしてスマブラして麻雀やる。麻雀はここ数年でサイクルに介入した。
そんで折角WiiU持ってんだからスマブラも新しいのやりたいし買った。WiiU自体はスプラの為だけにおととし買って、他のソフトには手を付けずいつの間にか埃まみれ。触ってみて分かるけどクソハード。ほんまクソ。まともにゲームすんのにどんだけ周辺機器買わないかんのや。パッドもイマイチ。スティックがVITA並みに酷い。せめて充電はUSBにして欲しかった。

ただスマブラのステージ作成時に液晶に書き込んで面白い地形を作れたのはパッド活きてて関心した。ポジ種とお嬢様アナルの戦いをステージで演出したのは楽しかった。買った当日にそれやったから未だにCPUとすら対戦出来てない、何やってんの?




FF12とかガンダムとかの話もしたいんだけど長くなりそうなので次回に。



ほんと昔から金の使い方を何も分かってないけど、どれも形として残ってるから懐かしいのよね。アニメグッズとかゲームとか服とか…服に関しては着れる筈もないのに残ってる。小遣いで買ってたんだけど、まあこれがセンス皆無で草枯れる。よく着回してた服を見つけるとその時何してたか思い出して楽しい。つっても中学〜高校の間だから記憶は新しいんだけども。
今じゃパジャマでスーパーうろついてる不審者である。たまに同級生のママに出会うと皆揃って同じ事言うから面白い。ニット帽被ってブカブカのジャージ着てたらそらそうなるわ。

植え替えと新入り


このところ不調&不調でその因果関係を探るものの行動パターンがガバガバなので見つかりやしねえわ糞が。
そんな事言ってたらパンジーの季節が終わったので大幅に入れ替え。本来冬を越したあたりで枯れる筈だったけどシクラメン同様奴ら強過ぎてアムロ感激。

枯れたからと言って引っこ抜くのはいけない。地植えなら花をちょん切って放置するとまた咲きます。鉢植えなら同様に切って地植えにシフトすりゃオールOKじゃ。
顔をぶった切られたパンジー達。

それはそうとパンジーって何だか男っぽくない?

/はよ水くれ\


2枚目の画像、ウィルマと寄せ植えしてあるパンジーはまだ残してある。夏あたりはコリウス・ランデブー(実はシソ科)まみれで、その前の冬はプミラ、シクラメンコリウス・レッドヘッド…
コリウス好きなのよ。

15年の冬。

他の鉢にはエリカホワイト、プリムラ、ヒューケラなんて変わったものも植えてある。
庭ならテッセン、スイセン、芝桜、おまけにアイビーロングを生やしまくってる。
もうそろそろ咲きそう。バックに紅枝垂れ紅葉ちゃん。


そして今回買ってきたのがこちら。

はい、サフィニア&ペチュニアでございます。普段1株300〜400円の高級品で手が付けられなかったんだけど、2株500円キャンペーンやってたので6株購入、群植した。マジで好み。クッソいい香りする。結婚しよう。

家の中はと言うと実は何もない。前に観葉植物を育てていたのは良いものの、水のやり過ぎか肥料の与え過ぎかで2つとも枯らしてしまってから怖くて買えない。
玄関はこんな感じ。

一番背が高いあの子は青龍という年中青い紅葉。手前は白い綺麗な花を咲かす…名前をド忘れしたなんて言えねえ…
アップ。本当はもっと上に伸びてたが切った。

色々設置する前の写真が出てきた。

さっきチラッと写ってた紅枝垂れ紅葉を植える時、1㎥の穴を掘ったんだけど死ぬ程キツかった。掘ってから数日腰が抜けたような感覚から逃れられなくて悶絶してた。
まあそれは良いんだが…穴を掘ってる姿を近所の人何人かが目撃していたそうで、親を埋めるんじゃないかと冗談交じりの噂が飛び交っていたらしい。町内の大掃除に出た時に教えて貰った。冗談じゃねえ。

雑談


ぬわああああああああああん疲れたもおおおおおおおおおおおん(前回の記事)



ポブ術の自然体位で行く。ドンダバデンデンヌケヌケドン!



一個前の記事…というかこのブログ全体において攻撃的な内容には絶対したくなかったんでアレでまあいいじゃろ(適当)
6時間かかったなんて言えねえよ…


何個か前から敬体はやめた。ブログはやる事なくて突発に始めたからまるで誰かが見てくれる前提で書くのはおかしく思ったのと単純に書きにくかったのがね…



アニメ感想はやりたくねえなあ。何かいい表現無いかと人の言葉借りた途端手が1時間は止まるからねえ…クズの本懐の記事はよくやったと思うよ…今見返すと寒過ぎて死にそうだが。そんで最初は500文字くらいで軽く適当にやろうかと考えていたが3000文字を超えてしまった。何やってんの本当に。

「まず物語の柱が見当たらないんですよね。」とか言ってまるで元からあった持論に基づいて披露しているように見えるが、実は即興である。そんで否定的な言葉を並べまくって何がしたかったんやろか。消したい気持ちでいっぱいだが、消したら破滅しそうなので戒めとして残しておく。



紹介程度ならやりたい。事実曲紹介やったし。あれは書いてて死ぬ程楽しかった。またやる。
ただ頭の良い人間ではないので頭の良さそうに見える書き方はしたくない、というかできない。そもそも常識なんてものは持ち合わせてない。テンションを維持しつつ、安いプライドとくだらない欲でバランスを保ちたい。



もっとも超感覚的に文章書いてるから自分以外の人からは意味不明だったりする場合もあってしょうがない。文才が無いのは諦めた。
最近Twitterで思ったことをつぶやけなくなってしまった、というのも1年前まで思ったことをつぶやき過ぎたんだよ。ゲームで負けていちいちツイートしてたり家庭の事情をぶつけたり下ネタを平然とブッ込んだりとまあ酷い有様だった。同級生の何人かにリムられてやっとこさ気付き、銀河に憧れて糞撒いた。そして現在に至る。「○○すき」くらいしか言ってねえ。
どんくらい自分がミュートされてるか知らんがもう下ネタとか言えねえよ…という事でブログでギガプリンダンスしてる。楽しい(純粋)
とか言ってたら大田がホームラン打った。


ブログ垢作りました(唐突)zanskar (@zanskar4) | Twitter
さて需要はあるのか…



ブログ始めた頃は面白いくらいに人が来なかったが、ブログやってる友人からアドバイス貰って、そっからやっと人が読みたいような記事が書けた。急に相談したのに神対応してくれてマジありがたや。

そしてちょっと人が来てくれるようになり欲が出る。あぁ〜〜アカンアカン…けど仕方ないね♂(レ) 何でもいいからコメントが欲しいところではあるがそれ目的に書いたらやってる意味が無いので抑える。
突然料理ブログとかになったら笑ってくれ。

アニメを最大限に楽しむために


みんな大好き、創作物。空想のものでもあるけど、現実でもある。要するに人間が作るから好き。


漫画なら絵の表現力はもちろん、コマ割り、フォント、吹き出しの種類からセリフの改行のタイミングまで。小説もそうだけど自分でページをめくる自由度があるから良い。

映画は正直無限大過ぎて説明できない。父が大の映画好きで、家にプロジェクターがあるもんで毎週金、土は決まって映画鑑賞だった。幼い頃何が好きだったかって、やはり勝ち負けがしっかり伝わる映画。「ドラムライン」とか、「ビバリーヒルズ・コップ」だとか。紹介したいだけである。




アニメの話の筈なので、アニメはもっとマクロ的な観点で見ていきたい。

例えば富野ガンダム既にマクロじゃないような…
偶然からガンダムに乗り、中盤までは(決して薄くはないけど)引き伸ばしたような展開、後半はバッタバッタ人が死に、最後は超常現象でラスボスを倒す。

多少意地悪に説明したけど、ガンダムが好きじゃない人はこんな思考をしていると仮定する。
きっとその人が嫌いなのは感覚的なものではなく、パターンっていう単純なもの。
SFという説明的で、知らない世界なのに、人間はそのままだからその世界では少しでも現実的に描写して欲しいという考え。

悪くないけど、それじゃあまりにも寂し過ぎるよね。
好き嫌いという感情は必ず存在するけど、一度捨ててみては。このアニメだったらこう楽しむ、って感じで。感想を持つにあたって肯定も否定もできる程度に。



お次は固定概念。例えば「世界観を最初に見せてくれるアニメは良い」とほんの少し前まで思って気取っていたけど、間違いだった。
アニメ観まくって、久しぶりに洋画観てえなあと思って手に取ったのが「YES MAN」「ニュー・シネマ・パラダイス」で、アニメを見る目がガッツリ変わった、というか思い出した。

映画は色々。ドキュメンタリー風だったり、1本の映画で3部構成だったり、80分間ずっと車を運転してるだけだったり、最初から最後まで嘘をついていたり…
先入観だとか、何が基本だとか全く考えさせてもらえないあの感覚を大切にしたい。
ん?クズの本懐の記事?アレは忘れてくれ。




後はうーん…

急にゲームになるが、
「人喰いの大鷲トリコ」で、人間をさらって、雛のような石像に奉納し、ご褒美として樽という食料をもらう。その樽の中に人間が入ってるんじゃないか、という意見と、主に人間を差し出しているだけで、食ってはないという意見があるが…

村人(またはプレイヤー)からしたら、大鷲が人間を食う様に見えたから「人喰いの大鷲」としているだけで、実際に人を食ってるのか食ってないのかなんてどうでもいい事、樽に人間が入ってようが入ってなかろうが「人を喰っている」んだよ上等だよ。



今のみたいに言葉や映像ってのはどうしても強いから直接的に捉えてしまうけど、裏を返してみれば案外面白かったりする。映像は用意できないので文章で。
あ、ここでいうのは比喩表現じゃない方ね。


パトレイバーで言えば…(まあこれはパトレイバー知ってる人じゃないと分からんとかいうクソみたいな説明だが…)
制作側は、それぞれに不満を持ったり色々あったけど、視聴者からしてみれば最高の化学反応が起きて出来た素晴らしいアニメ。だから、初期OVAが一番面白い。




っていう今書いた文章、本音なんだけどこっから連想してみる。

初期OVA以外そこまで好きじゃない。制作側がお互いに抑えあってたから良かったものの、TVアニメや劇場版では解放された結果、絶妙なバランスが崩れてただの面白いアニメになってしまった。




で? って話だけど、肯定的な意見がなんだか否定的に見えると思う。僕はどっちでもいいけど、人に対して伝えたい手段として、どんな言葉を選んでいるかってだけ。
つまり
おいしいけど、おいしいって言ってんのと同じ。新しく得られる情報量は0である。


は?



うん、ごめんなさい。一番言いたいのは、
「元気のGは始まりのG」は、そのまんま。
色々考えた上に決定付けて、先に進みたいけれど、そのままでもいい場合はあるじゃない。ってこと、もちろん分からないといけない場面もあるけれど。



なんやえらく回りくどいなあ…






結局人が一番好きなのは、幼い頃に観たアニメである。人が作ったものなのに、自分の理想だけで価値を判断するから、いつまで経っても100点満点のアニメが出てこない。

そういう意味ではもうすぐ大人になってしまうのは悲しいなぁ…
子供の定義なんていくらでもあると思うけど、そんなものは大人になった人間が過去の失敗と重ねて言ってるもんだから訴求力もクソもない。身体と頭が大きくなったからって、自分が大人になったと確かめる為に同調するのはあんまりじゃないのか。
一方それを見た子供は確実に自らと照らして、嫌が嫌でも過大評価する。もちろん僕だってそう、いつでもベストでいると信じて止まないから、過去は好きじゃない。
せめて自分は自分で見つけたいと思うけど、まあ見つからないよね。この微妙な時期に何が出来るかって言うと、準備するだけ。
確かに手を引かねた幼い頃を思い出すと動けなくなるけど、他人からすれば子供だったからなんて理由が付くのに、どうしても逃れられないのよ。
だから固定概念なんてクソだし、もっと柔軟に、いっそ多重人格になったつもりでものと触れたいっていうただの願望。実社会では100%通じないけど、創作物を触れるにあたっては鈍感で、何色にでも染まってやりたい。




ホラ見ろこのワンシーンを!何だか解らんが、見たいと思うだろォ!?
名前は「ID-0」だ!絶賛放送中!

2次元アイドルの魅力


やはり曲にあり。圧倒的ジャンルの広さ!分かりやすい歌詞!上手かったり下手だったりする歌!


あれそれって3次元も同じじゃないのかなーって思ったけど、どうも好きになれない。歌番組において演歌歌手の横で音外しまくるとか、メディアへの露出は前提だったりとか、派閥がなんとかだったりとか色々面倒な原因で首を突っ込みたくないっていう気持ちもあったりする。

でも一番は生身の人間だということ。リアリティも糞もリアルそのものなので、見てるものが全てという事実がつらい。


では声優はどうなんだろう。近年のアイドルアニメの声優はほぼ確定でライブをやってる。そもそもアイドルが声優やっててどっちが本職なんや…っていう事も数年前からある。



曲を聴くだけなら、じゃあどうして2次元に固執するのか、この記事書き終わる頃に見つけられると良いなあ…
ちなみにアニソンを聴く理由は明確、アニメ観る時に流れるからっていうそれだけ




自然な流れで好きな曲を紹介しよう。多過ぎるので各作2曲にした。


【アイマスPS】GO MY WAY!! やよいソロ - YouTube(プラチナスターズ版、やよいソロ)
ごまえー。トランペットが特徴的で、うーん、良い。良い。ドラムもベースもシンプルで緩急も無いから物足りなく感じるけど、メロディラインがくっきりしてるもんで超覚えやすい。この曲は可愛く歌った方が圧倒的に映えると思う。改めて今聴くとバンドリのあの曲がチラつくのが悩み。

my song - (Hibiki, Iori) - YouTube(プラチナスターズ版、響&伊織)
高音への持って行き方が若干メジャー寄りだけど編曲はいつ聴いても新鮮。4拍置いてのサビの盛り上がりがあぁ^〜たまらねえぜ。バラードながらBPM高めの忙しめ、冬に聴きたい。アイマス2ps2版)でやよい・伊織・雪歩の3人に歌わせるのが好きでわざわざ録音してある。

  • Happy x2 Days -デレマス 2015

【楽曲試聴】Happy×2 Days(歌:CANDY ISLAND) - YouTube
100回は聴いた。Bメロ、間奏で杏のラップ…おしゃべりが入って可愛らしい。ラブソングなんだけど、作詞・作曲が女性の方で防衛的なのも評価点。サビで微かに聞こえる掠れたコーラスワークが狂おしい程好き。後はCメロのかな子ちゃん。かな子ちゃん。かな子ちゃん。デレステMVの振り付け(「デレステ 4K60fps MV」Happy×2 Days - YouTube)もお気に入り。何故人気が無いんだ…

  • 共鳴世界の存在論 -デレマス 2016

【楽曲試聴】「共鳴世界の存在論」(歌:二宮飛鳥) - YouTube
ギターがカッコ良過ぎて色んな所から汁が出る。歌い方のせいもあってかサビの盛り上がりに欠けるけど実はこれでも結構歌上手くなったのよ。歌詞はキャラに沿って厨二全開、某天地創造熊本弁アイドルとは全く別の方向で楽しめる。あまり聴き込みたい曲では無い分シャッフルで突然流れるとテンション上がる。

  • snuggery -WUG 2016

Wake Up, Girls!Character Song Series 2 久海菜々美 - YouTube
伸びのア行への移行がこってりしてて良い。出来れば追加で3分くらい聴いていたいけどいつの間にか終わってしまうので悲しい。歌詞でもサヨナラを告げられているので余計悲しい。大サビ前の 熱を帯びて の階段状のメロディーでストライクカウント。
↓ジャケ絵のポーズもお気に入り。


  • 走り出したencore -WUG 2016

Wake Up, Girls!Character Song Series 2 島田真夢 - YouTube
非常に滑らかな主旋律に対し基本の4ピース構成、サビの控えめなパーカッションとヴァイオリンが直感的に好みの枠を超えて好き。なんでもないかと思うかもしれんが曲としての完成度があまりにも高過ぎる。そして待ちに待ったギターソロ!もう10秒続けて欲しかった。WUGで一番最初に聴いた曲で、度肝抜かれた。この曲の他にHIGAWARI PRINCESSもオススメ。

  • かりすま〜とGIRL☆Yeah! -プリパラ 2016

プリパラEPISODE 98 【TRIANGLE】 「かりすま~とGIRL☆Yeah!」 - YouTube
これがプリパラクオリティだ。正直この曲聴いて何かを感じ取った方なら全曲買っても後悔しないと思う。Apple Musicにありますのでフルはそちらで。擬音語MAXでお送りするこの曲、ゼッタイつよき!ぱられる無敵!幼児達にもインパクトは強そう。 Bメロの 飛び出す で音を外すんですが、最高です。2Bも同様。これの後にRealize!!仕込んでテンポアップしてる。

PriPara プリパラ EPISODE 106 Gaarmageddon「Amazing・Castle 」 - YouTube
Aメロガァルルのイタズラ感溢れる歌い方よ。サビで一気に引き込まれて、休む暇もないと思ったら チャ・チャ・チャ・チャイムが鳴ったらね! でしっかり殺しに来る。振り付けは天才のそれである。今更だがプリパラ特有のメイキングドラマ・サイリウムチェンジがあるので初見は戸惑うけど本編観て慣れよう(布教)こちらもApple Musicにあります。




うん…もう2次元に固執するとかいうのはどうでも良くなった。いきなり曲紹介したのはこれを狙ってたからですわ(適当)
ちなみに1年に1,2回名古屋に遊びに行くんだけど、その際に必ず地下アイドルの無料ライブを覗きに。結構楽しいんだよこれ。名前覚えないで帰るくらいが丁度良かったりする。